現代人のためのローフードのススメ!~1日1食ローフード生活体験レポート~

現代人のためのローフードのススメ1日1食ローフード生活体験レポート

近年の食生活は欧米食となり、肉類、脂肪類、加工食品など、私たちは多く食しています。これらの食事を消化するためにはたくさんの食物酵素が必要となり、消化に多くのエネルギーを使ってしまいます。そうなると、代謝酵素を働かせるエネルギーが十分ではなくなり、どんどん代謝が悪くなっていきます。こうした食事をずっと続けていくと、体には毒素がたまっていき、どんどん太っていってしまいます。更に、疲労感、体調不良、生活習慣病へと進んでいきます。

そんなことにならないためにも、1日1食ローフード生活を取り入れて、無理なく、楽しく、健康的にダイエットしましょう!

絶品ロースイーツ
絶品ロースイーツ

 

ローフードって何?

最近よく耳にするローフードという言葉。
さて、ローフードとは一体どういうものでしょうか。

ローフードとは、ロー(raw=生の)、フード(food=食べ物)という意味で自然の食材を生のまままるごと、ということです。生の食材には、生きたビタミン、ミネラル、食物酵素が多く含まれており、体に非常にいいと言われています。また、酵素は48度以上の熱で死んでしまうと言われているので、「生」ということが、最大のポイントになります!

また、生であれば、お肉やお魚、卵だってローフードです。しかし、生のお魚や、お肉を食べる際は、食中毒や寄生虫が潜んでいる可能性があるので注意が必要です。放し飼いの動物や、自然な飼料を使って育てられた動物、養殖ではない魚を食べるようにしましょう。

ただ、低温であれば火を通しても構いません。48℃以上に加熱すると酵素が死んでしまうので、加熱する場合は48℃以下に保って、生きたビタミン、ミネラル、食物酵素を摂取できるようにしてください。

また、酵素には消化酵素と代謝酵素がありますが、消化酵素は、食べたものを消化する働きがあり、代謝酵素は細胞の入れ替え、組織の修復、毒素排泄など体にとって重要な働きを行っています。ローフードを取り入れると、この代謝酵素が活発になり、体が毒素を排泄したり、新陳代謝が促進していくのです。

 

1日1食ローフード生活体験レポ! 体はどう変化する?

ローフードが体にいいことはお分かり頂けたと思いますが、なかなか毎日毎食ローフードを食べるというのは難しいものです。例えば、ランチの約束があったり、飲み会があったりと、現代人は何かと忙しいものです。そこで取り入れたいのが、1日1食ローフード生活です!1日1食ローフードを取り入れて、健康的にダイエットをしちゃいましょう♪

そこで!実際に、1日1食ローフード生活を体験してみました!
体はどう変化するのでしょうか?

やり方はとっても簡単です。

朝だけローフード、昼だけローフード、夜だけローフード。どちらでも構いません。その日の気分とスケジュールに合わせて、自由にアレンジ可能です。例えば、ランチの約束があるという日の朝はスムージーや、フルーツなどがオススメ!冷蔵庫にフルーツや野菜を常にキープしておくことをオススメします。

また、朝昼はがっつり食べてしまったから、夜は軽めにサラダディナーはいかがですか?グリーンリーフなどの緑の葉野菜、プチトマト、きゅうり、パプリカなど冷蔵庫にある野菜をアレンジしてみましょう♪

朝にたっぷりと果物を摂りいれると、人間のエネルギーに必要な糖分が補給されます。

フルーツなどは、他の食べ物に比べ腸への吸収が早く、1番早いもので15-20分ほどで腸に吸収され、血液になります。また、1日1食なので、気負わず楽しみながら進めることができます。また、生のくるみや、生のカシューナッツ、生のアーモンドなどもローフードでよく取り入れられていますよ。

約2週間のチャレンジだったのですが、食の意識が変わったり、階段を使おうかなと思ったり、意識は変わりました!

 

スタート時
◇0日目:2016年5月11日(水)
体重:52.3Kg(身長162㎝)、朝食:リンゴ
1日1食ローフード生活スタート! 初日は朝からりんごでウキウキ♪
リンゴ半分をゆっくり食べ、残りは子供たちへ。

朝食のりんご
朝食のりんご

◇5日目:2016年5月15日(日)
体重:52.2Kg(-0.1 Kg)、昼食:トマト&きゅうり
土曜日に飲み会が入ってしまい、体重があまり減らず。お昼で調整。

昼食のトマト&きゅうり
昼食のトマト&きゅうり

◇8日目:2016年5月18日(水)
体重:51.7Kg(-0.6 Kg)、夕食:トマト&レタス
今日はランチの約束が入っていたので、夕食をサラダで軽めに。
ドレッシングは添加物の入っていない自家製がGOOD!

夕食のトマト&レタス
夕食のトマト&レタス

◇11日目:2016年5月21日(土)
体重:51.5Kg(-0.8 Kg)、夕食:トマト&きゅうり
体重も少しずつですが、落ちてきています!朝昼は普通に食べられるので嬉しい♪

夕食のきゅうり&トマト
夕食のきゅうり&トマト

終了時
◇14日目:2016年5月24日(火)
体重:51.1Kg(-1.2 Kg)、朝食:トマト&きゅうり
最後の朝はトマト&きゅうりで終わり!

体重の変化
体重の変化

weight スタート0日目52.3Kg→ 7日目51.9Kg→ 12日目51.3Kg→ 14日目51.1Kg

 

左:ローフード生活前、右:ローフード生活後
左:ローフード生活前、右:ローフード生活後

◇効果

約2週間のチャレンジだったのですが、普段通りの生活をしながら体重を少しずつ落とすことができました!

他にも・・・
お肌の調子も良くなった
疲れが取れやすくなった
朝の目覚めが良くなった
脳が働く
体が軽くなった
片頭痛が軽くなった

◇傾向

・週末:1日1食ローフード以外に飲み会などがあり、食べ過ぎていたので体重が増えている ・平日:飲み会などはないので、徐々に減っている
→まじめに取り組めば、徐々にではあるが体重は減る
→普段通り、飲み会やランチ会参加しても、1日1食ローフードを取り入れているので、結果的に痩せる!続けることが大事♪

◇ローフード例

1日1食ローフード生活を楽しく続けるために、メニューは冷蔵庫にあるようなもので、簡単なものにしました!
・りんご
・きゅうり&トマト
・レタス&トマト
・グレープフルーツ
・バナナと豆乳のスムージー
・バナナとりんご

野菜以外にも、生のアーモンド、カシューナッツ、くるみ、松の実などのナッツ類や、ドライフルーツ(植物油や砂糖と混ぜていないものがいい)、納豆や味噌などの発酵食品などもローフードによく取り入れられる食材です。また、ナッツ類は水につけることで、酵素抑制物質を除去することができるので、必ず浸水させてから食べてくださいね!
※オーブンなどを利用すると、48℃以上になってしまい酵素が死んでしまうので、注意が必要です!

また、すぐにお腹がすいてしまう!という方は、お腹にたまる食材をセレクトするといいでしょう。バナナ、アボカド、かぼちゃ、さつまいも、アーモンドなどのナッツ類は腹持ちがいいとされていますので、オススメです♪

サラダやフルーツ以外にも、ロースイーツのフードメニューや、ロースイーツなど、メニューは意外にも豊富にありますので、ご紹介致します!

 

美味しい! ローフードメニュー&ロースイーツメニュー

最後に、オシャレに美味しくローフードを味わってもらえるようなレシピをご紹介いたします。こちらは、私が実際にローフードのレッスンを受けた時のアレンジレシピになります。

~ローフードレシピ~
アボカドスープ

ミキサーで混ぜるだけの簡単スープ♪

アボカドスープと、りんごとクルミのサラダ
アボカドスープと、りんごとクルミのサラダ
材料(4人分)
アボカド2個
玉ねぎ1/8個
野菜ブイヨン 1個
水2カップ
赤パプリカ(飾り用)※なくてもOK

作り方
①野菜ブイヨンを少量のお湯で溶かし、玉ねぎと水と一緒にミキサーに入れてミキサーをまわす。
②①が混ざったら、適当な大きさに切ったアボカドを加えて、もう一度ミキサーをまわす。
③お皿に盛り付ける。(中央にみじん切りしたパプリカを飾る)

所要時間:10分

ポイント
アボカドはミキサーで回しすぎると、ふわふわになってしまうので、回しすぎないように注意が必要

栄養素:アボカド
脂質を多く含んでいるので「森のバター」とも呼ばれていますが、8割は不飽和脂肪酸でコレステロールの心配はありません。たんぱく質、ビタミン類、カリウムなどをバランスよく含んでいます。

~ロースイーツレシピ~
◇ベリーのフルーツパフェ

ベリークリームと、チョコブラウニーを作ります♪

材料(4人分)
ベリー 100g
カシューナッツ 100g
りんご(バナナでもOK)1/2個
メイプルシロップ 小さじ
バニラエクストラクト 小さじ2
塩 ひとつまみ 水 100㏄

作り方
カシューナッツは事前に浸水させておきます(2-4時間ほど) 上記材料をすべてミキサーに入れ、ミキサーを回します。このとき、水分の多いものから入れましょう!

お好みのフルーツや、ミントの葉などをのせて出来上がり♪

簡単でとっても美味しいんです!

左:デーツ、右:メイプルシロップ
左:デーツ、右:メイプルシロップ
ベリーのフルーツパフェ
ベリーのフルーツパフェ

◇チョコブラウニー(4人分)

材料
くるみ 25g
アーモンド 25g(くるみとアーモンド合わせて50gでOK)
デーツ 3個(種は取り除く)ナツメヤシの実(なければレーズンでもOK)
カカオパウダー 大さじ2
ラムダーク 大さじ1/2(なくてもOK)
みそ 小さじ1/2

チョコブラウニーの材料をミキサーに入れる
チョコブラウニーの材料をミキサーに入れる
作り方
① くるみとアーモンドは事前に浸水させておきます。
(くるみ2-4時間ほど、アーモンド12時間ほど)
②上記材料をすべてミキサーに入れ、ミキサーを回します。
デーツは種を取り除き、ほぐしてから入れましょう。

③ミキサーから取り出し、ラップなどに包みお好みの大きさにかたどって、冷蔵庫で30分以上冷やして出来上がり!簡単ですね♪

ミキサーがない場合は材料を細かく包丁で切っても大丈夫です!

チョコブラウニー
チョコブラウニー

ベリーのフルーツパフェとチョコブラウニー、それぞれ作って食べてもおいしいのですが、チョコブラウニーの上にベリーのフルーツパフェをのせると更に美味しいですよ♪

ぜひお試しくださいね。

ローフードや、ロースイーツだけでも色々な種類があります。工夫するだけで、美味しく、健康的に、ダイエットまでできてしまいますね。

 

やっぱり1日1食ローフード生活って最高♪

このように、1日1食ローフード生活をすることで、食への意識が変わってきます。新鮮な果物、野菜をたっぷりと体内に摂りいれることで体内の余分な老廃物、脂肪分、セルライトなどが排泄されていき、自然と1ヶ月で2-3キロは痩せていきます。現代人は肉やごはん、お菓子、油類、加工食品、清涼飲料水、アルコールなどカロリーの多い食品を食べ過ぎています。代謝に必要な、ビタミン、ミネラル、食物繊維、酵素などの摂取不足では、肥満はもちろんのこと多くの生活習慣病のもとになります。

ローフード生活をすることで、病気を防ぎ、お肌もプルプルになり、代謝もよくなり、ダイエットもできてしまいます。

ぜひ、ローフードを1日1食だけでも取り入れて、健康的にダイエットしましょう!

スポンサードリンク