恋が叶う?!「サターンの椅子」と神戸異人館パワースポット巡り

恋が叶うサターンの椅子と神戸異人館パワースポット巡り

異国情緒あふれる港町・神戸。神戸に来た人なら誰でも一度は足を運ぶのが、多数の異人館が残る北野町ですね。神戸の海と街を一望できる小高い場所。海外から訪れた人々の居住していた西洋風の屋敷や旧領事館が立ち並び、日本にいながら異国に迷い込んだような気分にさせてくれる街。

今回はこの北野町で、願いが叶うと言われているオススメのパワースポットをご紹介したいと思います。テンポよく回れば半日、周囲の観光スポットを巡りながらゆっくり見て回っても1日あれば見て回れます。

ちょっと坂道は多いけど、十分歩いて回れる距離。最後のおまけに、異人館の中に入って優雅なお茶が楽しめるとっておきのポイントもご紹介します。

定番の観光スポット・神戸北野の異人館街で、たまにはこんな小旅行はいかがですか?

1.北野町への道

まずは異人館へのアクセスをおさらい。 神戸の中心である三宮の駅前からは、神戸のおもな観光スポットをめぐる定期バス「シティループ」が出ています。 市営バスの7番路線(神戸駅行)山本通3丁目下車でもOK。

でも新幹線でアクセスするなら、一番てっとり早いのは、新神戸駅から歩くこと。 新神戸駅は新幹線の駅と地下鉄の駅に、ホテル(ANAクラウンプラザホテル)と商業施設(新神戸オリエンタルアベニューなど)が繋がっていてちょっとわかりにくいですが、北野町へ向かうなら「新神戸ロープウェー」ののりばを目指すとわかりやすいのではないでしょうか。

北野町への道

オリエンタルアベニューの南側を出ると、ロープウェーの看板が立っています。 右手のエスカレーターを登るとロープウェーのりば、そしてこのまま直進すると北野町(異人館街)です。

左側に見えているのは手前から「ベンの家」「洋館長屋」「英国館」

ゆるやかな坂道を登って歩いて行くと、そこはもう北野町。 写真に写っている緑と赤のちょっとレトロなバスが神戸の主要な観光地を回る「シティループ」です。

2.坂道を登って狛犬に出会う

今日のお目当は「パワースポット」なので、ここでちょっと横道に逸れて坂道を登って行きます。

交差点では看板を目印に

最初の目標は「旧中国領事館」です。 美しい街並み、そして急な坂道! 神戸の街を見下ろす山の斜面に建物が立ち並ぶ北野町は坂道の街でもあります。 今回は最初から特にキツイ坂を登りますので、頑張りましょう☆

頑張って登って行った先、ほとんど突き当たりにみえてくる「坂の上の異人館」。 ここはかつて中国領事館として使われていた建物なので、異人館には珍しくオリエンタルな意匠がみられます。 このいかにも中国っぽい丸いカタチの、中庭へと通じる門が最初のパワースポット。

狛犬の守る庭

ここをくぐると願いが叶う、と言われているのだとか。 門を守る狛犬も、丸っこい姿でどこか愛嬌があります。

坂の上の異人館(旧中国領事館)

建物の入り口を守るのは、中国の伝説上の生き物「龍亀(ロングイ)」。 龍と亀、というどちらもおめでたい生き物を合体させたこの生物もなにやら縁起が良さそうですね。

北野外国人倶楽部へ

この「坂の上の異人館(旧中国領事館)」、隣接する「北野異人館倶楽部」とはレンガの小道で繋がっています。雰囲気があって素敵ですが、通過するにはチケットが必要。 後述する「山手八番館」の入場券があればOKだそうですが、「坂の上の異人館(旧中国領事館)」「北野外国人倶楽部」「山手八番館」の入場券に「うろこの家(+うろこの家美術館)」をセットしたセット券もありますので、時間に余裕があるなら一緒に見て行くのもオススメです。

■坂の上の異人館(旧中国領事館) 旧チン邸・明治後期築

TEL078-271-9278 

通年公開

〒650-0002 神戸市中央区北野町2丁目18-2

■北野外国人倶楽部 旧フリューガ邸・明治後期築

TEL078-242-6458 

通年公開

〒650-0002 神戸市中央区北野町2丁目18-2

3.願いが叶う「サターンの椅子」

「坂の上の異人館(旧中国領事館)から、「北野外国人倶楽部」の敷地を通り、道一本隔てた向こうが「山手八番館」。

面積は小さいながらもゴージャスな雰囲気の漂う、「北野外国人倶楽部」のお庭も必見です。

この「山手八番館」を一躍有名にしたのが、座ると願いが叶うと言われる「サターンの椅子」です。 この椅子に願いをかけ、幸せを手にした女性の話しがテレビ番組で紹介されると、全国から幸せになりたい人が(特に女性が!!)詰め掛け、連日行列に。

約5年前。行列が見えます

こちらが当時の行列の様子です。 現在は当時よりは落ち着いていますが、人気は根強く続いているみたいですね♪

サターンの椅子

こちらがサターンの椅子。実は2脚あって、向かって左側が男性用、右側が女性用。

ここでいう「サターン」は悪魔のことではなく、ローマ神話の「サトゥルヌス」。ギリシャ神話のクロノス(ゼウスの父)と同一視され、時間や農耕を司る神様だと言われています。 土星の「サターン」もこの神様が由来ですね。

「サターンの椅子」はその名の通り、サターン(サトゥルヌス)の顔が彫刻された美しい椅子。背中から見守ってくれるサトゥルヌス様のパワーで、確かにご利益がありそう⁉︎

マコンデの彫刻(1)

ちなみにこの「山手八番館」には、他にも様々な美術・工芸作品が飾られています。ちょっと珍しいのは、アフリカのマコンデという部族の手によって作られた伝統的な彫刻の数々。

マコンデの彫刻(2)

独特の造形が多くの芸術家に影響を与え、かのピカソにもインスピレーションを与えたとか。言われてみると確かに、ちょっとピカソっぽい雰囲気があるかも⁉︎

神戸港

この山手八番館は、北野町の中でもかなり高い位置にあるため、2階の窓からは神戸の街を一望できます。右手に見えるのがポートタワー、その更に右にはハーバーランドの観覧車も。

■山手八番館 旧サンセン邸・明治後期築

TEL078-222-0490 

通年公開

〒650-0002 神戸市中央区北野町2丁目20-7

4.うろこの家の子ブタちゃん

山手八番館を出て更に西へ進むと、「うろこの家」が見えて来ます。

うろこの家

名前の通り、天然石のスレートがうろこのように壁面を覆っているのが特徴。 北野町を代表する異人館のひとつかもしれませんね。 この異人館の庭に鎮座しているのが、3つめのパワースポット、「ポルチェリーノ」。

ポルチェリーノ(幸運の子ぶた)
ポルチェリーノ(幸運の子ぶた)

イタリアはフィレンツェのメルカート・ヌオーヴォ(新市場)に飾られている彫刻家ピエトロ・タッカの手によるイノシシ像。

建造当時からイノシシなのに「ポルチェリーノ(子ブタちゃん)」と呼ばれてフィレンツェの人々に愛されたこの像は「幸運の子ブタ」として大人気。 イタリア国外にまで幸運のアイテムとしてレプリカが作られるほどだとか。

そう、「うろこの家」を前にちょこんと座るこのイノシシ、いえ「子ブタちゃん」もそんなラッキーアイテムの一匹なのですね。

本家フィレンツェのポルチェリーノには、「鼻をなでると幸せになれる」という言い伝えがあり、像の鼻の部分だけが、みんなになでられたせいで金色に輝いているとか。 だったら神戸のポルチェリーノも…?!やっぱりお鼻が金色に光っていますね。

実はフィレンツェのポルチェリーノも、現在本物はバルディーニ美術館に移され、現在市場にいるのはレプリカの方だとか。でも人々は変わらず、幸運の祈りを込めて子ブタちゃんの鼻をなでています。 だからこの神戸の子ブタちゃんも、きっとあなたを幸せにしてくれますよ♡

■うろこの家 旧ハリヤー邸・明治34年築 

国指定登録文化財、兵庫県指定住宅百選の館

TEL078-242-6530 

通年公開

〒650-0002 神戸市中央区北野町2丁目20-4

※「坂の上の異人館(旧中国領事館)」「山手八番館」「うろこの家」は「うろこの家グループ」の管理する異人館です。

■うろこの家グループ

〒650-0002 兵庫県神戸市中央区北野町2-3-18

TEL.0120-888581

FAX.078-241-5537

公式Webサイト http://kobe-ijinkan.net

5.叶わぬ恋を鯉が叶える⁉︎

うろこの家から坂道を下り、西に向かって折れると北野観光案内所があります。 この観光案内所の隣にひっそりと立つ小さな鳥居の先にあるのが北野天満神社です。

北野天満神社

平安末期、平清盛が京都から神戸(福原)に都を移そうとした際、都を守る守護神として京都の北野天満宮から勧請して祀られたという由緒ある神社。

北野町の地名の由来はこの北野天満神社が元になっていると言われています。 祭神は言わずと知れた菅原道真。天神様ですね。

石段はちょっと急ですが、この神社の境内は、北野町で最も有名な異人館「風見鶏の館」を見下ろすベストスポット。

北野天満神社から風見鶏の館を臨む

石段を降りてすぐ右にあるのが神戸のランドマーク「風見鶏の館」です。

「風見鶏の館」前広場

館の前の広場は、日によっては路上パフォーマンスも見られる憩いの場。

そしてこの神社には、ちょっと気になる恋ならぬ鯉が。 参拝前に手を清めるための手水に、力強く跳ねる一匹の鯉。

かない鯉(1)

古くから人々が手を合わせ、鯉に水をかけながら祈願すると願いが叶うという言い伝えが生まれました。 中でも、「鯉」の音が「恋」に通じることから「恋」の願掛けをする人多数♡。 恋愛成就の願い事が書かれたハート型の絵馬も納められています。

かない鯉(2)

水をかけると字が浮かび上がる恋みくじもありますので、叶えたい恋のお願いがある方はぜひ一度、「鯉」に願いを託してみてください。

■神戸北野天満神社

TEL 078-221-2139

〒650-0002 兵庫県神戸市中央区北野町3丁目12−1

主祭神 菅原道真 創建 1180年(治承4年)

公式Webサイト http://www.kobe-kitano.net/index.html

■風見鶏の館

旧トーマス住宅・明治42年頃築 国指定重要文化財

TEL 078-242-3223 

通年公開

〒650-0002 神戸市中央区北野町3丁目13-3

公式Webサイト http://www.kobe-kazamidori.com

6.異人館でカフェタイムを

異人館巡りの途中のティータイム。

北野町周辺にはオシャレなカフェやレストランもたくさんあるのですが、今回はズバリ「異人館の中でお茶が飲める」スポットを2つご紹介します。

(1)プラトン装飾美術館(イタリア館) 最初のパワースポット、「坂の上の異人館(旧中国領事館)」に向かっていく坂道の途中にイタリア館ことプラトン装飾美術館があります。

プラトン装飾美術館(イタリア館)

北野町の異人館には、「風見鶏の館」のように神戸市が管理する異人館、「うろこの家」のように民間企業が運営する異人館などさまざまなものがあります。 その中でも、ここは異色。個人が所有し、個人の方が運営している異人館なのです。

大正初期の建築をそのまま残した建物や、質・量共に充実した美術品や装飾品が素晴らしく、その上、プールのある中庭を眺めながらカフェやランチを楽しむこともできます。

カフェ・ランチの利用だけなら入場料は要りませんが、館内も見応え十分なので、ここまで来たら是非見て行っていただきたいスポットです。

カフェテラス

料理上手なマダムのお招きを受けて、自慢の手料理をご馳走して貰っている気分…♡ 小さいけれど食べ応えのあるケーキ&コクがあってまろやかなコーヒーもおすすめです。

■プラトン装飾美術館(イタリア館)

TEL 078-271-3346 

通年公開

〒650-0002 神戸市中央区北野町1丁目6-15

Webサイト(「異人館ネット」紹介ページ) http://www.ijinkan.net/ijinkan/itaria-kan.html

ケーキ各種(¥300〜500)/コーヒー・ソフトドリンク(¥450〜)他 ランチセットも人気があります。

(2)スターバックス・コーヒー 神戸北野異人館店

「もっと気軽に異人館の中でお茶がしたい!」というアナタにおすすめのスターバックス・コーヒー 神戸北野異人館店。

風見鶏の館から南に向かって坂道を下り、三宮の方向に向かう「北野坂」に面して建っています。

スターバックス・コーヒー 神戸北野異人館店(1)

登録有形文化財の洋館を移築した建物を利用した店舗は、「一度は行ってみたいスタバ」として一躍人気スポットに。

スターバックス・コーヒー 神戸北野異人館店(2)

緑×白のスタバカラーながら、北野町の街並みに溶け込むお洒落な建物。ここをバックに記念撮影する人も多数。スタバで記念撮影なんてなんだか不思議な感じですが、建物を見れば納得です。

内装も異人館らしいアンティークなインテリアでまとめられていますが、メニューやシステムはアナタのよく知っているスタバ。

そんな安心感も、このお店の人気の秘密かも知れません。

■スターバックス・コーヒー 神戸北野異人館店

TEL 078-230-6302 

不定休

〒650-0002 神戸市中央区北野町3丁目1-31 北野物語館

公式Webサイト http://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php?id=940

風見鶏の館
北野町の街並み

街全体が日本ではない、どこか異国の街にいるような魅力的な街、北野町。 いくつもある異人館はもちろん、その周辺に建つカフェやショップ、そして神戸の海と街とを見下ろす風景と、見所はいっぱい。 今回は「パワースポット」をテーマに絞って、そのほんの一部をご紹介しました。 叶えたい恋の願いがある人もそうでない人も、ぜひ一度神戸に遊びに来て下さい♡

スポンサードリンク