女性が効率よく筋トレするためのポイント3つ!

「女性なら…筋トレをはじめる前に知っておきたいポイントとは?!」
ダイエットしたい、効率よく脂肪が燃える体をつくりたい…そんな風に思っている女性なら冬の間に筋トレを習慣にしておくことがオススメです。春先からお洋服の選択肢がどんと増えますね。しかしやみくもに筋トレを頑張ると、変なシルエットの体型になってしまう危険性も無いとは言えません。トレーニングの前に知っておきたいポイントあれこれ。

効く!のはネガティブ動作

dan

 筋トレ…というと、ダンベルを持ち上げたり降ろしたりするイメージがありますが、重いダンベルを持ち上げる動作が「ポジティブ動作」、ゆっくりと降ろす動作が「ネガティブ動作」と呼ばれます。

 筋肉に負荷がかかるのはネガティブ動作のほうであって、苦労して持ち上げるポジティブ動作のほうではないということがスポーツ生理学では明らかになっています。特に筋トレの際は“ゆっくり行う、ネガティブ動作も最後まで丁寧に行う”ことでトレーニングの効果を最大限に引き出すことができると言われます。特に左右で筋肉の発達に違いができないように気をつけることが大事です。

下半身を中心に鍛える

d68

 “筋骨隆々”と聞くと、ムキムキの上半身を思い浮かべてしまいますが、全身の筋肉の80%はウエストから下の下半身についていると言われます。下半身を鍛えること、背筋力を伸ばすことが全身を鍛えることであると言っても過言ではありません。マシントレーニングなども、ダンベルやバーベルに偏らず、下半身系のマシンを頑張ったほうが効率的です。軽いジョギングやウォーキングも大変効果があります。

内臓筋をつねに意識しよう

gf2160379553

 内臓筋(インナーマッスル)ってご存知ですか?人間の内臓の周りに内臓や骨格を支えるためについている筋肉のことですが、通常のスポーツでは内臓筋は鍛えることが難しいとされています。ヨガのポーズにはこのインナーマッスルを徹底的に呼吸法と姿勢で鍛えなおすことで、基礎代謝を高めたり、姿勢を改善したり、日常生活のストレスに打ち勝つための深い呼吸をしやすくする目的があります。つねに良い姿勢を意識するために自分の部屋に大きな鏡を置いたりするのもよいでしょう。

まとめ

 女性は“男性のようになってしまうから・・・”と言って筋トレを避けがちですが、筋肉をつけて全身を引き締めることによって、いくつになっても、おしゃれが楽しい若々しい自分をキープすることができます。

スポンサードリンク