筋トレ初心者の女性ならこの3つのメニューからはじめよう!

ea9bebe9
 ダイエットしても痩せたい部分が痩せない!と悩む女性は大勢います。筋トレがいいと聞いても変なシルエットになったら困りますよね。筋トレは毎日続けたほうがよいのですが、長時間汗水たらして行う必要はありません。効率よくひきしめたい部分だけをひきしめられたら最高ですよね。

下半身を鍛える

stk70033cor

 意外にも全身の筋肉の80%以上は、ウエストから「下」についていると言われます。下半身を鍛えることが全身の筋肉を鍛えるということです。一番良いのが“スクワット”ですが、ふくらはぎの筋トレは肥満解消と、引き締めダイエットに効果的だからです。「縄跳び」はオススメです。手軽で場所もとりませんし、縄跳びの上下運動は足を屈伸させるので、見た目よりはかなりのエネルギーを消耗する運動です。頑張って3分くらい続ければよいでしょう。

「逆立ち」でまんべんなく上半身を鍛える

003

 逆立ちをすると、内臓の筋肉が鍛えられて引き締まった全身になります。完全な逆立ちが「できない…」という女性なら、ヨガのポーズを代わりに行っても効果があるでしょう。逆立ちになって1分ほどじっと耐えることで、むくみが相当に解消されるとも言われます。そして逆立ち状態で平衡を保とうとすることで内臓筋が鍛えられて、呼吸にも良い影響を与え、ディスプレイを毎日かかさず長時間にらんでいる現代人のストレスを緩和します。

「クランチ」でお腹を引き締める!

kura
 仰向けに寝て両足をあげて膝を直角に曲げます。手は両方とも後頭部で組むようにしましょう。反動をつけないで上体を丸めるように起こします。ゆっくりと時間をかけて上体を上げたり降ろしたりを繰り返しましょう。腹筋を鍛えるクランチは、内臓筋まで鍛えて、腹直筋を美しく整えます。腹筋を鍛えることで姿勢もよくなる効果があります。3分間続けるとよいでしょう。

スタートしやすいトレーニングからはじめよう

8888
 信号待ちの間に両足をつま先立ちで立って、つま先だけで全身を上下することで、ふくらはぎの筋肉を鍛えることができます。「歩く」ことは偉大な全身運動であり、筋トレです。毎日30分から90分くらいマイペースで歩くことをこまめに続けるだけでもずいぶん全身が若返った気持ちになれるでしょう。道具をつかったりジムに会費を払ったりしなくても自宅の四畳半のスペースでほぼ全身の筋トレはできてしまうものです。

スポンサードリンク