メープルシロップはカロリーが低くて栄養が豊富!

3
 あなたはパンケーキを食べるとき、ハチミツとメープルシロップのどちらを選びますか?

 メープルシロップは、味もさることながら、その栄養成分に魅力があふれています。その魅力を、紹介したいと思います。

メープルシロップとは何か

888
 
 メープルシロップは、カエデの樹液からつくられています。私たちが日常的に使っている甘味料には、上白糖やハチミツ、黒砂糖などがありますが、実はメープルシロップが、一番カロリーが低いのです。また、さまざまなビタミン類やアミノ酸、たんぱく質、有機質、ポリフェノールなど、成分が豊富なことも特長の一つです。

メープルシロップに含まれる栄養

 meme

 メープルシロップには、さまざまな栄養素が含まれています。中でも注目したいのが、日本人の多くが慢性的に不足しているカルシウムです。カルシウムは骨や歯を守るだけでなく、血圧の上昇を防いだり、血液を凝固させる成分でもあります。
 
 次に、体内の余分な塩分を輩出してくれるカリウムです。デトックス効果も期待できます。そして、たんぱく質と糖質を代謝してくれる亜鉛も含まれています。動脈硬化を防ぐことにも、役立ちます。
 
 そして、カルシウム同様に歯や骨の成長に不可欠なマグネシウムが、骨粗しょう症を防ぐ働きをしてくれます。最後は、抗酸化酵素を構成するマンガンです。骨の形成や脳へのエネルギー供給を行う働きも担っています。

多数のフレーバーとアロマを含んでいる!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 メープルシロップには、実は240種類ものフレーバーとアロマが含まれているため、塩味や酸味、辛味、苦味などとも相性がよいです。意外ですが、酢やしょう油、味噌との相性もよいので、和食に使うのもOKです。
 
 酢飯をつくるときにみりんの代わりにしたり、肉や魚を煮たり漬けたりするときに使うと、臭みを消すうえに、旨味やコクも引き出してくれるのだといいます。

食べるだけでなく、つけるのも効果的!

 
 料理の味付けに使っている甘味料をメープルシロップに変えるだけで、カロリーダウンすることができます。
 
 また、空腹時にスプーン1杯のメープルシロップを摂ると、血糖値の上昇を緩やかにしてくれるので、糖尿病の予防にも効果があえると言われています。
 
 さらに、メープルシロップに含まれたマグネシウムには、ストレス解消の効果があるそうです。このように食べるのもよいですが、唇が荒れたときにメープルシロップを塗って、サランラップでパックをすると、潤いに満ちた唇になります。

スポンサードリンク