柿の栄養と美容効果!アンチエイジングの効果をアップさせるコツ

 133

 秋の味覚の一つである柿を、おいしくいただいているひとは多いですが、その美容効果については知らないかもしれません。
 
 そこで、柿の栄養や美容効果について、まとめておきたいと思います。

柿にはどんな成分が含まれているのか

 
柿
 柿に豊富に含まれる成分の筆頭は、ビタミンCです。柿を一つ食べるだけで、人間が一日に必要なビタミンCが補えます。柿の葉にもビタミンCが豊富なので、お茶にして飲むのもおすすめだそうです。
 
 さらに柿には、β-カロテンも含まれています。干し柿にすると、生の柿の約2倍のβ-カロテンを含むそうです。このほかにも、コレステロールの吸収を抑制する水溶性のペクチンや、血液中の毒素や腸の悪玉菌を減らしてくれるタンニンも豊富です。

柿が持つ美容成分とは

 
kogao01
 柿が豊富に含んでいる、ビタミンCとβ-カロテンは、疲労回復や美肌づくり、アンチエイジングに効果があるとされています。
 
 二つの相乗効果もあり、活性酸素を抑制するだけでなく、シミやそばかす、しわ、たるみなどの予防にも役立つようです・
 
 また、タンニンにはメラニンの生成を抑える働きがあるほか、ターンオーバーを正常化したり、くすみの改善効果も期待できます。 

より効果をアップさせたいときには

 
777
 また、柿とほかの食材を組み合わせると、美容効果をアップすることができます。例えば、柿にヨーグルトやキウイ、グレープフルーツを合わせると、美肌効果がアップします。
 
 柿とレモンなら美白効果、柿と紅茶とレモンなら老化防止効果、柿と豆腐・わかめ・カニなら肥満防止効果、柿と東岸・キュウリ・レタス・カブなら利尿効果や血行促進効果が高いです。
 
 風邪を予防したいなら、柿と大根でなますをつくって食べるのがおすすめです。また、お酒を飲むときに、生の柿を1個食べておくと、悪酔い防止になります。

柿を食べるときの注意点

 666
 実は柿は、体を冷やす食べ物です。また、タンニンは鉄の吸収を阻害しますので、冷え性や貧血症のいとが柿を食べ過ぎると、逆効果になりかねません。柿は、1日1~2個にとどめましょう。
 また、生の柿を食べ続けるのは飽きてしまうなら、ミキサーにかけてピューレ状にして、ムースやシャーベットとして保存しておくと、日持ちします。
 
 サラダに混ぜたり、きんとんにしても、おいしくいただけるそうです。インターネットで検索すると、柿を使った料理がたくさん出てきますので、新たなレシピにチャレンジし、たくさん食べて、お肌美人になりましょう!

スポンサードリンク