『半日断食ダイエット』のメリット3つ

he
女性ならちゃんと寝たはずなのになぜか疲れが取れなかったり、きちんとお手入れしているのに肌の荒れが気になったり、ここ数日ウツっぽい気持ちが続いていたりする日がありますね。

“病気じゃないんだから薬を飲むってほどじゃないし…”そんな女性に特有の不定愁訴なら「半日断食ダイエット」が確実に効きますよ。1日は24時間ですが、そのうち12時間のあいだ、食べない、胃の中に食べ物を入れない、だけで次のような体調改善効果が期待できます。

1.胃に食物を入れないことで頭脳明晰になる

I get my best work done in the mornings
ふだんあまり意識することがありませんが、わたしたちが食べた食物を“消化する”という活動は、胃や腸にものすごい負担をかけています。

消化は不随意運動であり、わたしたちが意識していなくても食べ物が入ってくれば消化器は働き続けなければならず、これは不規則な生活を送っている人は老けやすいことの原因になっています。

胃袋や消化器がカロリーを使わなくなれば、その分頭脳にエネルギーを回すことができます。人間はお腹いっぱい食べると眠くなってあまり思考力が働かなくなりますよね。つねに“うっすらと飢えている”状態が、もっとも人間の心身の能力を研ぎ澄ますのです。

2.食べないことで疲れを感じなくなる

gf1420116843
半日断食ダイエットは、普段あまり意識することのない消化器の疲れをとるという目的があります。消化器を疲れさせないためには、“食べない”のが一番です。

人間の「疲れ」には大きく分けて
①筋肉の疲れ
②消化器の疲れ
③心の疲れ…の3つがあります。

 ②消化器の疲れが少なくなると、筋肉疲労のみであれば一晩眠れば回復することも多いので、半日断食ダイエットをすると“疲れにくくなった!”“疲れがこんなに早くとれるなんて!”と感激する女性が多いと言われます。

3.腸に負担をかけないので美肌になる

スキンケア

 半日断食ダイエットの美肌効果は、多くの国内の断食道場でも実証済みです。

 中医学においては、人間が食べ過ぎることで出てくる毒素や老廃物が肌を通して排泄されるとも言われます。食べる量が減ると確実に肌調子はよくなります。

 また半日断食を繰り返すことで、まったく食物が入ってこない時間が長くなると、内臓は稼働しませんので疲れがかなり減ってくると言われています、そのため、常にエネルギッシュな状態になり、ストレスも減るのです。

スポンサードリンク