[乾燥肌、敏感肌、脂性肌] 3つの肌質の対策方法を知ろう!

kogao

 ひとには肌質があり、個々人でも部位によっても違うものです。肌をきれいに保つためには、自分の肌タイプをしって、適切なスキンケアを行うことが重要です。
 そこで今回は、乾燥肌や敏感肌、脂性肌の違いと、それぞれの対策について、ご紹介したいと思います。

乾燥肌の特徴と対策

Attractive naked woman's body part. Scratching her back. Closeup
 
 乾燥肌とは、水分だけでなく、油分も不足してしまっている肌のことをいいます。皮脂の分泌量が減ることで乾燥しやすくなり、それを防ぐために肌の表面の角質が厚くなってしまいます。
 
 そのため、皮脂分泌が足りていないにも関わらず、ニキビができやすくなります。乾燥肌をケアするためには、セラミドを補給してあげるのが一番です。
 
 ぬるま湯を使い、よく泡立てた洗顔料を使って、優しくなでるように洗顔する習慣をつけてください。

敏感肌の特徴と対策

gazou
 
 敏感肌とは、普通のひとより、化粧品やシャンプーに反応を起こしやすい肌のことをいいます。その原因もさまざまで、アレルギーや不規則な生活、感想のほか、間違ったスキンケアをすることも、敏感肌を引き起こします。
 
 そのため、自分が敏感肌になる原因を見つけ、それを改善しなければ、肌の状態はよくなりません。まずは栄養バランスの良い和食を摂るように心がけ、ビタミンAやビタミンC、亜鉛を摂取することで、ターンオーバーを促進しましょう。
 
 また、自分に合った化粧品やシャンプーを見つけるのも大切なので、必ずサンプルなどで試してから、購入するようにしましょう。特に、敏感肌のひとにとって、化粧水はとても大事なアイテムです。
 保湿力を高め、肌の状態を改善する美容成分が入ったものを選ぶようにしてください。

脂性肌の特徴と対策

 
af0100008
 脂性肌とは、皮脂の分泌が過剰になっている肌のことをいいます。その原因は、食生活や生活習慣によるホルモンバランスの乱れ、不適切なスキンケアといわれています。
 
 そのため、飽和脂肪酸が多く含まれているバターや牛脂、ラード、肉類、ショートニングなどは、摂り過ぎないように注意が必要です。そのうえで、優しく洗顔する、保湿をしっかりすることを、心がけてください。

肌質に合ったスキンケアをしよう

 
 乾燥肌、敏感肌、脂性肌それぞれで、必要な成分が違います。自分に合った化粧品を選び、正しいケアをすることが、肌をきれいにするには一番です。
 
 そして、栄養バランスのよい食事を心がけ、良質の睡眠をとることを意識して、身体の中から肌をきれいにする力をつけましょう。

スポンサードリンク