あなたは細眉?太眉?その印象で美人度が変わるって本当?!

 長い間、細い眉がブームでしたが、このところはジワジワと太眉の女性が増えてきているようです。同じ顔でも、細眉か太眉かで、顔の印象がガラリと変わってしまいます。
 
 明るい印象や暗い印象だけで無く、美人度まで変化するようなら重要な問題ですよね。そこで今回は、細眉と太眉が与える印象や効果について、まとめておきたいと思います。

細眉の印象と効果

gf2160294279
 
 女性が細眉にすると、顔がすっきりと見え、女らしさを印象付けることができます。顔が小さくて、目が大きい、あるいは童顔の女性にはおすすめです。
 
 とはいえ、シャープにしすぎるとキツイ印象を与えたり、顔を大きく見せてしまうこともあります。眉の形に丸みを持たせたり、長めにかくように心がけましょう。

 細眉なら、アイブロウペンシルで、はっきりめに眉の形をかくと、シャープな印象になります。

太眉の印象と効果

 
65_b
 太眉の女性は、頼りがいがあるように見えるので、仕事の場などではおすすめです。太眉にすることで、肌の面積が小さくなることから、小顔効果も期待できます。
 
 また、眉と目の間隔が狭まって見えるので、目が大きく見える効果もあるようです。太眉にするときには、角度をつけると古臭く見えるので、平行にかくようにしましょう。
 
 また、太眉は黒いアイブロウペンシルを使うと、今どきの顔に仕上がらないので、注意が必要です。

自分にあった眉を見つけるには

223
 
 自分には細眉と太眉のどちらが似合うのかを見つけるためには、顔の骨格を見極めることが大事です。眉のかき方の基本は、眉頭と眉尻が平行になっていることです。
 
 眉頭は目頭より気持ち長めにし、眉山は黒目の外側の延長上から目じりの間に置き、眉尻は小鼻と目尻の延長にします。
 
 原則として、眉間が1、眉頭から黒目の手前までが1、黒目が1、黒目の際から目尻が1になっているのが、理想の眉毛の長さといわれています。
 
 この基本を守ったときに、自分の顔や目の大きさを考慮して、細眉か太眉を検討してみるとよいでしょう。

プロに相談してみるのもGOOD!

11
 
 眉は自分で手入れする女性も多いと思いますが、クイックメイクのお店で、一度プロに整えてもらうのもおすすめです。
 
 メイクのプロから見ると、骨格や顔の印象を考えたときに、自己流の眉より似合うものがある可能性が高いのです。また、アイブロウペンシルやパウダーの色のチョイスでも、眉の印象は大きく変わります。
 
 化粧品コーナーで、ビューティーカウンセラーに相談し、自分に似合う色を探してみるのもポイントです。自分に合ったアドバイスを、もらう機会をつくりましょう。

スポンサードリンク