シソが持つ美肌効果に注目!

 siso
 奈良時代の文献に、朝廷の内膳書で青ジソを栽培し、薬用に献上されていたと記載されているほど、日本では昔から使われています。
 
 その成分を調べていくと、美肌や健康に効果があるものが多いことがわかってきました。今回は、シソの美肌効果を中心に、そのすごさを紹介したいと思います。

シソの効能とは?

 
 シソの成分には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
 
 中でも大葉(青ジソ)には抗酸化物質が多く含まれており、美肌効果やダイエット効果だけでなく、アレルギーの抑制や抗菌作用、防腐作用があると言われています。
 
 さらに、血液をサラサラにしたり、貧血や不眠、夏バテの解消、整腸作用、利尿作用などの効能もあると言われています。

シソには抗酸化作用がある!

 
 活性酸素は本来、体内に侵入したウイルスや細菌から体を守るために、つくられている成分です。ですが、必要以上につくられると、正常な細胞まで攻撃してしまいます。
 
 そのため体内で活性酸素が高まると、人間の体はさびつき、傷ついてしまうのです。この活性酸素から体を守るためには、抗酸化効果が高い食品を摂取することが大切です。
 
 シソに含まれているαーリノレン酸とβーカロテンは、体内の過剰な活性酸素の害を抑える、抗酸化成分が豊富に含まれいます。

αーリノレン酸が豊富

 
 αーリノレン酸は、多価不飽和脂肪酸の一つで、摂取すると体内でEPA(エイコサペンタエン酸)からDHA(ドコサヘキサエン酸)に代謝されます。
 
 つまりαーリノレン酸は、EPAの血流を良くする効果と、DHAの脳や神経組織の機能を高める働きを併せ持ちます。
 
 このαーリノレン酸は体内では合成されない成分なので、食品から摂取しなければならないのですが、これがシソには豊富に含まれているのです。
 
 体内の血流が良くなると、細胞の代謝が活性化しますので、美肌効果が期待できるのです。

βーカロテンの抗酸化効果はビタミンCの1000倍

 
 実はシソには、ニンジンの1.3倍のβーカロテンが含まれており、粘膜を強化して免疫力を高めてくれます。
 
 この抗酸化作用が、美肌づくりに大きな力を発揮してくれるのです。

しそジュースで成分をしっかり吸収しよう!

 
 しそには上記の成分のほかに、ビタミンB、カルシウム、カリウム、亜鉛なども豊富に含まれています。
 
 それをすべて摂取するなら、しそをジュースにするのがおすすめです。家庭で簡単につくれますので、毎日飲むことを習慣にしましょう。

スポンサードリンク