とっておきの首ケアで若返る

 kukuku
 顔のしわのケアには気を使っているのに、首には無頓着なひとが、案外多いようです。実は顔のしわだけでなく、首や手の甲も、年齢が出やすい場所です。
 そんな目立つ首をどうケアしたらよいのか、その方法についてまとめてみました。

首にしわができやすい理由

 
 そもそも首は、顔とつながっています。加齢とともに顔の肌がたるんできると、そのお肉がそのまま首まで下がってきて、しわになってしまうのです。
 
 また、日ごろから姿勢が悪かったり、枕の高さが合っていないことでも、首のしわができてしまいます。
 
 また、顔と同様に、紫外線により活性酸素が増え、乾燥や老化を促すのも要因の一つ。だから、気が付くと、首のしわが目立ってしまうのです。

首もしっかり保湿しよう!

 
 首のしわには、実は保湿が重要です。
 
 ・お風呂やシャワーなどで首を清潔な状態にし、保湿力の高いクリームや美容液を塗る
 ・それから首の周りを温めたタオルで巻き、10~15分ほどそのままパックする
 ・巻いていたタオルで首をふき取り、乾燥予防のクリームを塗る
 
 この首パックを、日常の習慣にしましょう。

首のマッサージをしよう!

ma
 
首や耳の下にあるリンパの流れを良くするツボをマッサージすることで、顔のむくみをとることができ、首へたるみが下がるのを防いでくれます。
 
 ・お風呂上りに、マッサージ用のクリームやローションを首に塗る
 ・両耳の下にある耳下腺を、それぞれの中指で押す
 ・耳の下から老廃物を押し出すイメージで、指全体で鎖骨に向かってマッサージする
 ・鎖骨の下のくぼみに4本の指をあて、肩に向かって老廃物を押し出すようにマッサージする
 ・鎖骨から脇の下にあるリンパ節へ、老廃物を押し出すようにマッサージする
 
 このときのポイントは、マッサージクリームをたっぷり使うことと、マッサージの方向を必ず一方向にすることです。往復すると老廃物を戻してしまうので、注意しましょう。

より効果を期待するなら

 koko
 保湿とマッサージでも効果が期待できますが、首を支える広頸筋を鍛えるストレッチを加えるのもおすすめです。
 
 ・下あごを突きだすようなイメージで、「い」を発音する感じで首に力を入れる
 ・首の筋が浮き出るように感じたら、そのまま10秒キープ
 上記の動きを、3セット繰り返します。
 
 実は日常生活の中で、首を伸ばすことはあまりないものです。意識的に首を伸ばすことで、広頸筋を鍛えると、たるみやしわができにくくなります。

 こうした方法にUVケアを加えて、首の若さを保ちましょう!

スポンサードリンク