無酸素運動で痩せるメリット!

gf1420277807

お金がかからない!

   
 有酸素運動でも、ジョギングはお金がかかりません。しかし、これを継続するのは、かなりの不屈な?精神が必要です。その他に、ジムなどを利用すると、当然のことながら利用料がかかります。

 それでは、無酸素運動はなぜ。お金がかからないのでしょうか?それは、運動する場所が自宅だからです。「自宅?」と疑問に思われる方もいるでしょうが、簡単にいいますと自宅で筋肉トレーニングなどを行うのが無酸素運動だからです。

食事制限がない!

   
 無酸素運動を考えている方は、当然の事ながらダイエットを考えている方でしょう。ダイエットを考えている方は、とにかく食べる量を減らすことが重要だと考えます。もちろん、これも一理あります。

 糖尿病の方などは、適正な体重を維持するために食事をコントロールするからです。この食事を参考にする方法もありますが、健康体の方が、これを守るには、かなりの努力が必要です。

 それでは、何故、食事制限がないのでしょうか?無酸素運動が、激しい運動をして熱量を減らすのに対して、無酸素運動は、筋肉に付加をかけて筋肉量を増やす方法をとるからです。

 筋肉量を増やすと基礎代謝があがりますので自然と体重は減ってきます。基礎代謝は年齢とともに減ってきますので、この基礎代謝を引き上げる仕組みを利用しています。

時間にしばられない!

gf2160353132
   無酸素運動は、有酸素運動と違い、早朝に起きてジョギングをしたり会社帰りや、休日にジムへいったりと、自分の時間を割く必要がありません。

 特に、ジムですと移動時間、着替えなど、様々な時間を使い、挙句の果て疲れてしまうこともしばし見受けられます。

 それにたいして無酸素運動は、テレビを見ながらでもできますし、ちょっと暇だなという時におこなえますので非常に効率的です。時間も有効的に使えますので、精神的な負荷も少ないです。

まとめ

gf1940017385
   
 無酸素運動は、有酸素運動と対の形にもなっています。両方できるのにこしたことはないですが、それでは時間や場所を使わないという利便性を損ねてしまいます。ここは、やはり無酸素運動のメリットを生かすべきでしょう。また、この無酸素運動は  医学的にも認められています。

①自分の体重を用いた手軽に行えるトレーニングとして大きな効果が期待できる。
②関節への負担が小さいので整形外科的傷害リスクが少ない

 無酸素運動は、年齢とともに減っていく基礎代謝をあげることによって、自然と体重を減らすと言う方法をとりますの。一番つらい食事制限がなく、激しい運動もなく、基礎代謝を増やし、効率的に体重減少ができるのが特徴です。

スポンサードリンク