筋肉美を追及する女性が増加って本当?!

ea9bebe9 かつてはワークアウトのためにスポーツセンターへ行っても、ダンベルやマシンで筋肉を鍛えているのは「男性のみ」で、女性はもっぱらトレッドミルのような有酸素系の運動をしている人ばかりでした。

 大都会はともかく大半の日本の女性にとって、「筋肉の量が増える」ことはイコール「男みたいになる」という、“あってはならない事態”に直結するという嫌悪感があったみたいです。

 ところが最近、事情が様変わりしました。筋肉をつけるような運動が女性に人気らしいです。女性が筋肉を発達させるパワートレーニングに目覚めた理由って何なのでしょう?!
 

筋肉がつくと強そうに見える

 “女らしさ”という言葉の意味が変化したのか?!それとも海外セレブが筋トレによって中年以降も美ボディを維持しているのを目の当たりにしたからか?!しなやかで弱そうな雰囲気よりも、がっしりしていて溌剌とした女性のほうが“かっこいい”という美意識の変化でしょうか。
 

筋肉量を増やすことで代謝を上げて太りにくくなる

tore01
 全身の筋肉量を増やすことは即太りにくいカラダになることにつながります。人間は何もしないでも1日あたり1000キロカロリー前後のエネルギーを消費するのですが、この基礎代謝が筋肉量を増やすことで上げることができるのです。すなわち筋肉質なカラダの方が、ふにゃふにゃした筋肉の無いカラダより、寝ていても痩せやすいのですね。
  

筋肉が発達しているほうが猫背になりにくい

 35歳以降は何も努力をしてないと、女性はどんどん筋肉の量が減っていく傾向があります。そうすると腹部を支えている力が弱くなり、猫背がひどくなってきます。定期的な筋トレを繰り返すことで、上半身の筋力を高めることができるということが知識として広まったからでしょう。
 

筋肉を維持する運動をすることがうつ病の予防になる

 筋肉を鍛えるウェイトトレーニングはうつ病や精神疾患の予防につながることは医学的な事実です。定期的な筋トレをすることで明るい気分で過ごせるようになることが、ワークアウトに通う女性たちに魅力に思えるのでしょう。
 

筋肉質な体をしているほうが服がよく似合う

o03720323fotolia_42257270_xs
 今の時代は生涯現役、日本も離婚率が上昇する一方で、中高年で出会って恋愛をして結婚するカップルも増加しています。死ぬまで「美」を追及するにはある程度の筋肉が必要だと女性が目覚めたのです。
 

 ・・・などなど、筋肉質な日々を送ることのメリットはまだほかにもありそうです。
 
 

スポンサードリンク