日常生活の中で出来るおすすめの花粉症対策!

sero
 本格的な花粉シーズンに入り、目のかゆみやクシャミ、鼻水に悩んでいる方も多いと思います。ここでは薬に頼らない花粉対策をご紹介いたしますので、是非参考にしてみてください。

粘膜を強化する食べ物や飲み物を摂取する

<ネバネバ系食材>

 粘膜を強くして、花粉による炎症を抑える成分は「ムチン」です。ネバネバ系の食べ物に多く含まれていますので、花粉の時期だけではなく1年中食べることをオススメいたします。

 主な食材は、納豆・オクラ・なめこ・山芋です。納豆とオクラを混ぜて食べたり、お味噌汁の具をなめこにするなど、試してみてください。また、ウナギにも含まれていますので、時々食べてみてください。

<乳製品>
usi

 牛乳に含まれるビタミンAは、粘膜強化に効果があります。ヨーグルトのバリア機能が働き粘膜を守ってくれますので、花粉シーズンは毎日食べることをオススメします。

 1日100g~200g食べると良いでしょう。甘くないプレーンタイプの方が効果が出やすくなります。甘味が欲しい場合は、はちみつを入れると免疫力を高めることができます。

<お茶>

 花粉対策に良いといわれる甜茶には、アレルギーを抑える効果がありますので、外出する前に飲んでおくと症状が軽くなることがあります。

 また、緑茶には、抗酸化力の高いカテキンが多く含まれています。毎日飲んだり、うがいに使うと効果的です。

アロマオイルを取り入れる

aroma

<ユーカリ>

 鼻やのどに良いといわれるユーカリは、古くから使われています。アロマデュフューザーに数滴垂らして、部屋の中をユーカリの香りで包みましょう。

 または、マグカップにお湯を入れてから、ユーカリのアロマオイルを数滴垂らします。マグカップを鼻に近付けて香りを嗅いでください。毎日続けると症状が緩和されて行きます。

<ラベンダー>

 呼吸を楽にする効果があるラベンダーは、お風呂に入る時に使用しましょう。湯船に数滴入れて入浴中は香りを楽しんでください。粘膜の炎症を鎮めてくれるので、呼吸が落ち着きリラックスすることができます。

洗濯物を花粉から守る

 花粉シーズンは、洗濯物に花粉がつかないように注意しましょう。洗濯する時は必ず柔軟剤を使ってください。柔軟剤には静電気を抑える効果がありますので、外で花粉がつかないようにしてくれます。

 また、外干しをした時は、必ず取り込む時に花粉を払ってから部屋に入れてください。お布団やタオルは、なるべく部屋干しにすることをオススメします。

スポンサードリンク