髪型を長時間キープしている人が必ず行っている工夫とは?

 gf1420321651
 風の強い日に外に出るのは億劫になります。せっかくセットした髪の毛がくずれてしまうからです。

 どんなに風の強い日でも、髪型をキープすることのできる工夫方法を3つ紹介しましょう。

お風呂上がりにすぐに髪を乾かす

 髪型をキープするために朝早く起きて頑張ってセットをしている方は多いでしょう。しかし、それでは準備を始めるのは遅いです。

 実は前の日にお風呂から上がった時の処理がとても重要です。それはすぐに髪の毛を乾かすことです。これはとても基本的なことなのですが、案外実行できていない人が多いです。

 濡れたまま放置しておくと、変なクセがついてしまい、翌日の朝にどんなに頑張ってもクセはなかなか取れてくれないでしょう。

 お風呂の後にはすぐにドライヤーを使って髪の毛を丁寧に乾かしてください。この時に根本から乾かすようにすると、キレイに髪型を整えられます。ブラシで少しずつ解かしながらドライヤーを当てましょう。

朝起きたらすぐに髪のクセを直す

11
 朝起きたらすぐに髪の毛のクセを直すためにブローしましょう。前髪はまず左右から中心へ向かうようにしてブローしてください。

 これによって、頑固なクセがついていたとしても、前髪をまっすぐにできます。最初は前髪の下の部分をブローして、その次に上部分をブローしてください。

 こうすることでふんわりと自然な感じに前髪を整えることができて、多少風に当たったくらいではくずれなくなります。

 きちんと鏡を見ながら丁寧に整えていきましょう。基本的なセットの方法ですが、これを疎かにしてしまうと、その後にどんなスプレーを使ったり、ワックスをつけたとしても、効果が半減してしまいます。

スタイリング剤を使用する

797

 髪の毛がくずれてしまう原因は風に当たることによって、髪の毛の結合が切れてしまうからです。髪の毛に含まれている水分による結合によって、髪型はキープされてしまいます。

 湿気があると余計な水分がついてしまい髪型は乱れてしまいますし、風によっても物理的に切れてしまうのです。スタイリング剤を使うと髪の毛に含まれている水分を守り、結合が切れるのを防いでくれます。

 きちんとブローをして髪型を整えて、スタイリング剤を使うことによって、髪の毛の水分を守ることによって、どんな風が当たったとしても、髪型をキープできます。

まとめ

 風の強い日でも安心して外に出られるように髪型をキープできる方法を紹介しました。

 上記の3つの方法はどれも基本的なことですが、それを実行できていない人はたくさんいます。是非とも試してみてください。

スポンサードリンク