若者の恋愛離れが急増中!!

 af0010002423
最近、あらゆることに関して若者離れが話題となっていることが多いのですが、その中の一つとして、恋愛に興味の湧かない若者が増えていることが注目されています。

 日本の将来にも関わるかもしれない重要な問題なので、今回は何故若者が恋愛に興味を持たないのか少し探ってみたいと思います。

多様な生活スタイルが認められるようになった

 
 若者が恋愛に興味がなくなった理由の一つとして、多様な生活スタイルが認められるようになったという点があります。昔は、大人になれば結婚をするのが当たり前だという時代がありました。

 また、男性でも、女性でも必ず恋愛をして、その後に結婚をするのが幸せな生き方であるという共通認識が広まっていました。

 しかし、現代では、基本的に人間は自分の生きたいように生きることが良しとされていて、特に若者にはそのような考え方が浸透しています。

 そのため、必ずしも恋愛を重視しないで、例えば自分の趣味に没頭したり、仕事に生きがいを求めたり、恋愛をしないことを特に悪いことだと思わない若者が増えているのです。

恋愛に憧れを持たない人が増えている

 恋愛に興味の湧かない若者の中には、恋愛が決して素晴らしいものではないと考えているケースがあります。例えば、自分の両親の仲が悪いと、恋愛をすることに億劫となるでしょう。

 また、現実に恋人同士のトラブルに巻き込まれたことがあったり、恋愛が原因となる犯罪の報道に接するうちに、恋愛は面倒なものであるという認識を持つようになった方が増えてもおかしくはありません。

 少なくとも、無条件で恋愛を素晴らしいものだと考えている若者はあまり多くないでしょう。

経済的な問題

629

 恋愛をするためには、恋人とデートをしたり、何かをプレゼントしてあげたりするため、何かとお金がかかってしまいます。これは男性だけではなく、女性にも共通する問題となるでしょう。

 男性が女性におごってあげるのが当たり前だと考えている女性が今でも一部に存在しています。

 また、女性の方も、男性とデートをするならば、おしゃれな洋服を買ったり、美容院で髪型を整えたりなど、色々とお金がかかってしまいます。

 若者はお金に困っているケースが多く、特に最近は不況の時代が続いているため、お金がかかってしまう恋愛に興味のなくなる若者が増えてしまうのは仕方ないでしょう。

まとめ

 以上のように、さまざまな要因により、若者は恋愛に興味を湧かなくなっている傾向があります。ただし、今でも恋愛をしたいと思っている若者は存在しています。

 また、必ずしも恋愛をすることが幸せな生き方につながるとは限らないため、恋愛に興味のない若者を問題視するのはやめましょう。

 多様な生き方を認めることが豊かな社会を作るための条件となります。

スポンサードリンク