女性ホルモンは意識して増やすことが出来る?!

106_1
 最近イライラする、肌のシミやシワが増える、抜け毛が多い・・・など更年期前後の女性は女性ホルモンの不足による悩みが増えて行きます。

 今日は、そんな悩みを抱えている方に、女性ホルモンを自然に増やす法則をお伝えします。毎日の生活の中でできる簡単なコツを3つご紹介します。

1.ストレスを減らすこと

 現代女性は、社会に進出していることもあり様々なストレスを抱えています。家事、仕事、子育て、ママ友、夫の世話、介護など、数えだしたら切りがありません。

 このストレスが、体調を崩したり女性ホルモンを減らす原因になっていると分かっていても、なかなか減らして行くことはできません。

 ストレスは、溜めないことが一番です。小さなストレスがだんだん大きくならない内に解消することを心がけましょう。嫌なことがあったら、掃除を一生懸命したり、

 軽くウォーキングをしたり、いつもと違うことをしてみてください。日々解消することがストレスを溜めないポイントとなります。

2.好きな人や趣味を増やすこと

main
 もう結婚してるし今更新しい恋愛をするのも難しいと思いますが、好きな人を想う気持ちや趣味を満喫し高揚した気分した気分は、女性ホルモンの分泌を増やします。

 好きな若手俳優のドラマを観たり、素敵なカフェ店員さんを見付けて、忘れかけた恋愛感情を思い出すことが大切です。また、新しく趣味を持つことも脳への刺激があり、女性ホルモンを増やすきかっけとなります。

 お料理や、フラワーアレンジメント等を習いに行くと、お洒落で素敵な先生や生徒さんと出会い、自分も綺麗になろうと努力します。その努力が女性らしさと増して、女性ホルモンを自然に増やすことにも繋がります。

3.質の良い眠りを大切にすること

Woman Sleeping

 最近寝付けない、眠りが浅い、寝ても疲れが取れていないなど、更年期前後の女性は質の良い眠りができていないようです。就寝中は、レム睡眠とノンレム睡眠が繰り返されますが、ノンレム睡眠の時に女性ホルモンが分泌されているそうです。

 では、どうしたら質の良い眠りができるようになるのでしょう。それは“早起き”です。朝自然に目が覚めたら二度寝せずに、パッと起きて1日をスタートさせてください。

 この早起きのリズムを体が覚えたら、夜はぐっすり眠れるようになります。また、新しいパジャマ、布団カバーやシーツなどを用意して、心地よい寝床を作ることも快眠につながります。

 いつもの生活に取り入れられる3つの法則を活用して、女性ホルモンの分泌を増やし美しい女性になって人生を楽しみましょう。

スポンサードリンク