オシャレで機能性もバツグン!驚きのランドセル事情

 116031616_1_D
 一昔前まで、小学校のランドセルは男の子なら黒、女の子なら赤と決まっていました。しかし最近ではカラフルなランドセルが増え、そのイメージもかなり覆されています。

 ランドセルの購入時期も年々早くなっていて、夏休みの時期からというショッピングセンターも出てきました。

 更に驚くべきは、海外で日本のランドセルが大人に人気で、ファッションの一部として評価されているということです。

青や紫、黄色などの色も新鮮!

 
 最近ではランドセルの色の自由度が増し、従来の黒と赤だけでなく青や紫、黄色といった新しい色も続々登場しています。

 中には表面に模様を彫りこんであったり、表面と側面の色が違ったりというおしゃれなランドセルもあります。側面の色が違うだけでも、とても個性的でオシャレに感じるものです。

黒・赤ベースなのに個性が豊かになっている!

人気
 
 男の子は黒、女の子は赤という伝統的なスタイルを踏襲しつつも個性を表現したいなら、ブラウンやチェリーレッド、ピンクなどのランドセルがおすすめです。
 
 これらの色なら従来のスタイルとさほど変わらないので、派手すぎない特徴があり、目立つのが苦手という子でも周りからさほどやっかまれることもないでしょう。

レトロ&ロマンチックなデザインのランドセル

 
 落ち着いたキャメル色の生地に濃いブラウンの刺繍などをあしらったランドセルが、今までのランドセルの歴史を変えるとして注目されています。

 キャメル色の他にも青やブラック、ピンク、グリーンなど様々な色に対応しているようですが、いずれにせよ従来のランドセルにはないおしゃれな「レトロ感」がアピールポイントとなっています。

 また、表面にレースをあしらい内側にも小花柄の生地を採用したレトロロマンチックなランドセルや、鮮やかな色の生地にラメ感とゴールドの金具を施したキュートなランドセルも人気です。

 これは、個性的が出ますので、目立ちたいお子さん向けと言えます。

まとめ

 
 お出かけにも使えそうなくらいおしゃれなランドセルがあるかと思えば安全を重視し、ランドセルに反射材がついたタイプのもの、職人手作りのものや軽さや収納性を追及したもの。

 機能面もバツグンですので、これからランドセルを選べる子供たちは楽しみが多いですよね。

スポンサードリンク