すぐに始められるコーヒーダイエット!

12128
 最近、私たちにとっても身近な飲み物である「コーヒー」が、ダイエット効果があるとして再注目を集めています。

その有名な脂肪燃焼効果や効果的な飲み方について解説いたします。ぜひ、参考になさってください。

コーヒーの脂肪燃焼効果

 
 注目したいのは「カフェイン」そして「クロロゲン」の2つの成分です。これらの成分には強力な脂肪燃焼効果があることが立証されています。

 両方とも脂肪を分解する効果があるので、ダイエットのときにはぜひ注目したいものです。

 ただ、飲めば飲むほど効果があるというわけではないので、そのあたりは注意されてください。目安としては1日に1杯から3杯ずつ、少しずつ飲むようにしてください。

むくみ解消効果

 
 コーヒーを飲むとトイレに行きたくなる、と感じたことはありませんか?これにはコーヒーに含まれるカフェインによる利尿効果が関係しています。

 カフェインによって基礎代謝が上昇することで、利尿効果が起こると、体のむくみが解消されやすくなるのです。また、肩こりや冷え性の改善にも役立つようです。

3.運動前に飲むとダイエット効果倍増?

hotto
 
 コーヒーの主要な成分であるカフェインには脂肪分解効果はもちろん、基礎代謝を上げる効果もあります。そのため、コーヒーを飲んで代謝が高まっているときに運動をすると、運動の効果もより高くなるのです。

 ただ、カフェインには利尿効果もあるので、タイミングを間違えると運動中に尿意を催してしまうことも。できれば運動する20分から30分前に飲み、トイレを済ませておくことをおすすめします。

ホットで飲むこと!

 コーヒーの飲み方としてはアイスとホットの2種類ありますが、ダイエットに役立てたいならホットのものを選択しましょう。ホットの方が体を温めてくれますし、その間にもカロリーは消費されているからです。
 
 要するに、運動を始める20~30分前にホットコーヒーを飲むことで、ダイエット効果が高まるということですね。インスタントコーヒーでも構いませんので、適度の量で上手にダイエット生活に取り入れていきましょう!

まとめ

 
 このようにコーヒーにはむくみ解消やダイエット効果があります。普段コーヒーを飲まれない方でも1日1杯を少量飲むだけでも効果に期待ができますので、チャレンジしてみるのも良いかもしれません。

 ただし、コーヒーの飲み過ぎには注意が必要です。飲みすぎは体の冷えにも繋がり、逆効果にもなりますので適量に飲まれてください。

スポンサードリンク