掛け布団の下に毛布?掛け布団の上に毛布?暖かいのはどっち?

 76
 寒い冬の夜、温かく眠るために、掛けるのを増やしたりと、布団の工夫をするひとも多いはずです。そんなとき、活躍してくれるものの一つに、毛布があります。実はこの毛布、どの位置に入れるかによって、暖かさが変わることを知っていますか?今回は、毛布を暖かく使う方法について、紹介します。

1.羽毛布団を使用する場合の毛布の使い方

028
 
 冷たく、冬暖かい羽毛布団を、愛用しているひとも多いと思います。実は羽毛布団をかけて暖かい状態をつくるためには、羽毛布団を直接、身体に触れさせることが大切なのです。それは、羽毛が体温を感知することで膨らみ、保温性を高めるという性質を持っているからです。
 
 その性質を知ったうえで、毛布をどの位置で使うべきかを考えてみましょう。羽毛布団を愛用しているあなたは、毛布を掛け布団の下に入れていますか?それとも、上に掛けていますか?
 そもそも羽毛布団には、動物性繊維が使われています。
 
 動物性繊維は、体温と外気温の差を感じ取って、保温を調整するという性質を持っています。そのため、羽毛布団に直接体温が伝わった方が、保温力が高まるのです。布団に入ったときに肌寒いと感じるのを何とかしたいと考えているなら、身体に直接触れる部分に羽毛布団、その上に毛布を掛ける方が暖かいのです。
 
 そして、真冬にしっかり暖かく眠りたいと思うなら、毛布を敷布団の上に敷き、その上に寝て、羽毛布団をかけるという方法が一番暖かいです。毛布を敷布にすることで、寝ている間に身体から出る熱を受け止めてくれるので、保温効果が上がるのだそうです。羽毛布団1枚では寒いと感じるなら、その上に毛布または薄手の布団を掛けると、さらに暖かさがアップします。

2.植物繊維や化学繊維の掛布団を使用する場合の毛布の使い方

 
 そもそも毛布は、掛布団一枚では肌寒いと感じたときに、保温のために組み合わせて使う寝具です。綿や麻といった植物性繊維や、ポリエステルなどの化学繊維が使われた布団は、羽毛布団と比べると、身体にまとわりつく感じが少ないものです。
 
 そのため、掛けていても、身体と布団の間に隙間ができてしまい、寝返りをうつと、布団の中の温まった空気を逃してしまうことがよくあります。そんなときは、掛布団の下に毛布を入れ、毛布が身体にまとわりつくことで、温まった空気を逃がさないようにするのがおすすめです。

3.毛布の素材でも位置が変わる

 90
 毛布と一口にいっても、使われている素材は、ウールやカシミヤ、シルク、アクリル、マイクロファイバーなどさまざまです。この毛布に使われている素材によっても、どの位置で使うのが保温効果を高めるかが違ってきます。
 
 ウールやカシミヤ、シルクは、羽毛布団より吸湿性が高い素材です。そのため、羽毛布団の下に掛ける方が保温効果が高まります。一方のアクリルやマイクロファイバーといった化学繊維は、吸湿効果がほとんどありません。それなら、吸湿効果の高い羽毛布団を直接肌に掛け、その上に毛布をのせる方が暖かくなります。

 そしてもう一つ、入れる位置を考えるときに考慮したいのが、毛布の重さです。毛布は、使われている素材によって、重さが変わります。重い毛布を羽毛布団の上に掛けると、羽毛が潰れてしまうことがあるおで、できるだけ軽い素材のものを使うのがおすすめです。自分が愛用している毛布の素材を確認し、一番暖かく使える位置に入れ、冬の眠りの質をあげてみてはいかがでしょうか。

最も暖かく使うには敷くのが一番!

 実は布団の中の保温は、70%は敷布団が担っているのだそうです。そう考えると、毛布を掛ける位置を考えるより、敷布団の上に敷く方が、保温効果が高いと言えます。掛けるためにつくられている毛布は、摩擦に耐えるように強度を考慮してはいないので、敷いて使うと痛みが早くなります。
 
 最近は、敷布として使う毛布が販売されていますので、そうしたものを選んで使うと、布団の中をより暖かく保てます。毛布も、適材適所です。最大限に効果がでるように、上手に使いましょう。

アルミで寒さを遮断・保温!amazonで断熱素材をチェック!

スポンサードリンク