家にも人にも悪影響!結露の恐怖

 ketsuro
 寒くて暖房を使う冬は、窓に水滴がたくさんついていたり、気が付くとカーテンが水を含んで濡れていることがありますよね。これは、「結露」のしわざです。
 
 見た目もよろしくない、この「結露」は、実は家にも人間にも、よくない影響を与えているのです。そこで今回は、「結露」とそれを防ぐ方法について、紹介したいと思います。

1.結露が起こるメカニズムとは

 
 私たちが生きていくうえで欠かせない空気には、常に一定の量の水分が含まれています。この空気に含まれる水分の量は、空気の温度によって変わり、温度が高くなるとたくさんの水分を含み、温度が低くなるとたくわえられる水分の量も少なくなります。
 
 冬の室内は暖房で空気が温められていますが、外気などの影響でこの暖かい空気が冷えると、そこに含まれていた水分があふれてしまい、それが水滴となって、窓ガラスや壁につくことで、結露ができるのです。

2.どうして結露ができるのはよくないの?

 
 結露は窓や壁につきますが、それを放っておくと、その部分が濡れて、カビが生えます。このカビは、実は目に見えるところだけでなく、壁と壁紙の間や屋根裏など、生活するときに目に見えない部分にも及んでおり、放置すると壁紙がはがれたり、シミになることもありあす。
 
 このカビから臭いが出たり、カビから多量に胞子が発生することでアレルギー疾患を引き起こしたり、カビがダニやその他の黴菌の温床になるなどの問題も、同時に発生します。つまり、人間の身体にも、家の構造にも、置かれている家具にも、よくないということです。
 

3.結露ができやすい場所とは?

 400_0

 結露は、家の中でも温度が低いところに起こりやすくなります。例えば、家の北側にある温度の低い部屋や、玄関の扉、冷えた外気に近い窓ガラスなどが、結露の起きやすい場所です。結露が起こりやすい条件として、湿度が高いこと、表面温度が低い場所、風通しの悪い場所があげられます。
 
 結露は冬に限ったものではなく、梅雨の時期に濡れた衣類や布団をそのまま置いておくことも、結露ができる要因になります。そして、案外忘れられがちですが、押し入れの奥や大きな家具の裏側に、結露ができていることがよくあります。
 
 大掃除のためにモノを動かしたときに、びっしりとカビがついていて、驚くことも多い場所です。そうした結露ができやすい場所は、こまめにチェックする習慣をつけておくことをおすすめします。

結露を防ぐために心がけたいこと

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 結露を防ぐ一番の方法は、結露が起こりにくいようにすることです。つまり、室内の水分の多い空気を追い出すために、こまめに喚起するのが一番なのです。とはいえ、外気が冷たい冬に必要以上に喚起をすると、部屋の温まった空気が逃げてしまうので、暖房効率が悪くなります。
 
 そこで、部屋を暖かく保ったまま、効果的に換気するための方法を、いくつか紹介したいと思います。まず、電気を使うことの少ないトイレやお風呂は、常に換気扇を回しておきましょう。
 
 そして、よく結露が起こる窓などには、水分をたくさん含んだ空気が窓の近くにたまることがないよう、サーキュレーターなどを使って弱い空気をあて、空気を動かすようにするとよいです。
 
 また、人間は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくため、冬の寝室の空気も水分を多く含んでいます。朝起きたらすぐに窓を開け、喚起をする習慣をつけましょう。
 
 普段は暖房を使うことが多いリビングは、家族が部屋で休むときに暖房を切るので、部屋の温度が下がり、結露ができやすくなる部屋の一つです。人がいないときに換気をするように心がけると、結露ができにくくなります。このように、ちょっとした工夫で、結露を防ぐことができます。ぜひ、毎日の暮らしに取り入れてみてくださいね。

スポンサードリンク