女性ホルモンの大切な役割5つ

gf2160379161
 女性ホルモンを整えるという言葉は良く効きますが、どうして整える必要があるのでしょうか?女性ホルモンが大切なことは知っていますが、その役割は意外と知らないという女性も多いのでは?そんな女性のために今回は、女性ホルモンの大切な役割について紹介していきたいと思います。

 そもそも、女性ホルモンとは卵巣から分泌されるホルモンのことで、エストロゲンとプロゲステロンの二種類が存在しています。この両方のバランスを整えることがとても重要といううことをまずは覚えておきましょう。

1.コラーゲンの産生を促す

 
 女性ホルモンの「エストロゲン」は、特にお肌の若々しさを保つために重要とされています。コラーゲンの生成を促し、美肌を作るホルモンとしても知られています。

 エストロゲンを増やすためには、イソフラボンを含む食品を食べることも効果的ですので、豆腐、納豆、豆乳などを食べるとといいと言われています。エストロゲンが減少すると、自律神経の乱れを起こし、お肌や健康が健やかに保たれなくなってしまいますので、できるだけ豆類を摂取するように心掛けましょう。

2.女性らしい体作り

 gf2160369320
 女性ホルモンを増やすことで、女性らしい美しいシルエットを作ることができます。ほっそりと痩せているだけではなく、丸みを帯びた美しさは、女性ホルモンが作り出すのです。

 そのため、女性ホルモンは子宮の発育や子宮内膜を厚くする働きもありますので、妊娠しやすい身体になると言われています。また、新陳代謝を促進する働きもありますので、お肌の生まれ変わりをスムーズにしてくれます。ニキビや肌荒れの改善にも繋がり美肌を保てるというわけです。

3.自律神経を安定

 
 女性ホルモンの大切な役割として、自立神経を安定させる効果があります。イライラしがちな時は自律神経が乱れている証拠です。女性が生理前にちょっとしたことでカッとなりがちなのは、ホルモンのバランスが乱れているのが原因です。

 また、自律神経には多くの働きがありますが、美容と直接関係する働きとして、体温を調節する働きがあります。女性ホルモンのバランスが乱れてしまうと、やはり自律神経も乱れ、体温調節がうまくいかないことがあります。そうすると血行不良になり、「冷え性」を起こしてしまい、顔色が悪くなったり肩こりを起こしたりと美容には天敵となってしまいます。

4.生理痛の改善

 
 女性ホルモンのバランスを整えることで、生理が正常に行われるようになります。また、生理前や生理中の生理痛の改善効果も見込めます。お腹が痛くなりがちな人は、生活リズムを整えてみるだけでも、女性ホルモンの活動は良くなってきますので試してみて下さい。

5.婦人病のリスクの低下

af9970047379
 
 女性ホルモンは、婦人病のリスクを低下させます。子宮がん、子宮頸がん、乳がん、子宮筋腫などは、女性特有の病気です。閉経後に現れるような病気も、若いうちからの心がけで軽減させられると言えます。

 更年期障害の理由の1つに女性ホルモンが関係しているとも言われていますので、女性ホルモンを手助けするサプリメントや漢方などの摂取はオススメです。

 女性ホルモンは、美容と健康にとても大切です。特に、女性ホルモンのエストロゲンは、コラーゲンの生成を促す重要ホルモンです。女性ホルモンを整えるためには、生活習慣を整えるのが一番です。まず、規則正しい生活を心がけて、睡眠時間を正すのが一番でしょう。コーヒーやアルコール、たばこ、塩辛いもの、脂っこいものは適度に抑えましょう。

スポンサードリンク