深い呼吸を意識するだけで健康になる?!

gf1420116843

 普段から呼吸についてあまり意識している人は少ないかもしれません。意識していないと呼吸はどんどん浅くなり、生きるための最小限の呼吸しかしていない人がほとんどでしょう。呼吸が浅くなると、ストレスを溜めこんだりさまざまな病気を引き起こしたりと、気付かないうちにどんどんと体を弱らせてしまっています。

 人間の体の中で、無意識にも意識して動かせるのも呼吸筋だけ。意識して呼吸をするだけで、さまざまな不調を改善できたり、病気になりにくい体を作っていくことができるのです。ここでは、ゆっくり深く呼吸をするクセを付けることでどんな効果があるのかをご紹介します。

スポンサードリンク


style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-9145649551965071″
data-ad-slot=”5248078101″
data-ad-format=”auto”>

1.肩こり、疲労を回復させる効果

 呼吸とは本来、酸素を肺に取りこんでエネルギーに変えて消費し、二酸化炭素を体外に排出する役目を果たしています。この普段何気なく行っている呼吸を、深くゆっくりすることによって脳が刺激され、「リラックスしなさい」と命令を出します。

 その結果、肩や全身の強張った力が抜けて肩こりが解消されたり、胸や腹筋の筋肉が大きく動くことよよってリンパや血液の流れが良くなり、疲労回復にも繋がります。10分ほど意識的に深呼吸をすると、リラックスホルモンとも呼ばれるセロトニンが増え、精神的な疲労を回復させてくれます。

 また、深く呼吸すると体内にイオン類、酸素類などの陽因子が吸収され、血液の流れが良くなって肩こりがすっきりしたり、気分が落ち着いたりする効果もあります。

 ひどい肩こりに悩まされていて、マッサージやストレッチをしてもあまり効果が感じられないという人は、呼吸が浅いために血液の流れが悪くなっているのかも。ゆっくり深く呼吸するクセをつけると、肩こりや疲労が回復するかもしれません。

2.脂肪燃焼でダイエット効果

gf2160379538

 ダイエットと言えば、きつい運動だったりお金がかっかったりと、なかなか大変なものですね。しかし、呼吸を見直すだけで脂肪が燃焼されて痩せ体質になる効果があると言うのです。

 体の中に酸素を取り込めば取り込むほど養分がエネルギーに変わり、二酸化炭素になって排出されます。意識的にたくさん酸素を取り込むことで基礎代謝が上がり、カロリーが消費されます。酸素を大量に取り込むことを習慣づけてしまえば、意識しなくてもカロリーがどんどん消費されて痩せ体質に!

 深く呼吸をするためには、普段の胸式呼吸ではなく腹式呼吸が効果的。腹式呼吸のやり方は、鼻からゆっくり息を吸い込みお腹に空気を溜め、ゆっくりと口から吐き出します。呼吸を全て腹式呼吸にするのは不可能なので、1日に10回から20回ほど腹式呼吸をするように意識してみましょう。

3.呼吸の方法を変えるだけで血圧を下げる効果有り

 深くゆっくり呼吸することで血圧を下げる効果があります。血圧は交感神経の働きに影響を受け、呼吸1つで上がったり下がったりするものです。深く呼吸することによって交感神経の働きが抑えられて、血圧を下げる指令を出す副交感神経の働きが交感神経よりも優位に立ちます。

 実際に血圧を測る前に深呼吸をしないで測った場合と、深呼吸をして測った場合を比べると、深呼吸をした場合のほうが血圧が低くなることがわかっています。また、深く呼吸することによって肺から出るプロスタグランディンI2という物質の作用も血圧を下げる効果があり、動脈効果や血栓予防など、生活習慣病の予防にも繋がります。

 血圧を測る前にだけ深呼吸をするのではなく、普段から意識的に深呼吸をするクセを付けておくことが、健康を保つ秘訣ですね。

4.眠る前の呼吸で美肌効果

gf1420103761

 よく眠れないと、ストレスが溜まったりお肌が荒れたり、仕事に集中できなかったりと体に不調をきたしますね。実は安眠と呼吸には、切っても切れない深い関係があるのです。

 眠りにつく前に嫌なことを思い出したり、考え事をしているとなかなか寝付けませんね。そんな時は軽く瞼を閉じて鼻からゆっくり息を吸いお腹を膨らませるイメージを持ち、次にゆっくりと風船の空気を出し切るように鼻から息を吐き出します。何も考えずにこの呼吸を何度か繰り返すだけで、リラックスして眠りにつくことができて安眠効果が得られるのです。

 眠ってる間に成長ホルモンが分泌され、肌が正常にターンオーバーをすると、吹き出物やくすみなども解消されて美肌効果が得られます。

 質の良い睡眠は、美肌にも日常生活にも欠かせない重要なもの。眠りにつく前のほんのわずかな時間に深い呼吸をするだけで、リラックスして眠りにつくことが期待できるので、ぜひ試してみては?

5.まとめ

 呼吸は時間や場所を選ばずにすることができ、お金がかかることもありません。朝起きた時やベッドに入る前、あるいは仕事中や家事の合間など、意識して深くゆっくり呼吸をするクセをつけてみましょう。

 健康な生活のためだけでなく、リラックス効果やストレス解消にも繋がる深呼吸。少し呼吸を見直してみるだけで、驚くべきたくさんの効果が得られるのです。今日から深く呼吸することを意識して、体内改善をしてみてはいかがですか?

スポンサードリンク