肌トラブルの原因は化粧品の使用期限かも?!

 bin-1

 毎日使う化粧品、何年も使い続けていませんか?食べ物と違うので使用期限などは関係ないと思っている人も多いはず。「えっ、期限があるの?」「口に入れる物じゃないし大丈夫でしょ」と軽く考えがちですが、使用期限を守らないと肌のトラブルにも繋がりますので、注意が必要です。

 とは言っても・・・何処に使用期限が表示されているのでしょうか?法律では条件によって定められていますが通常の化粧品には、まず使用期限の表示はありません。但し、薬事法という法律で厳格に定められていることには変わりありません。

1.アイテムごとの使用期限(開封後の消費期限目安)

  
①スキンケアやベースメイク・・・3カ月から半年以内
②アイシャドウ・・・パウダータイプ:約2年:クリームタイプ:~6カ月
③アイライナー・マスカラ・・・2カ月~3カ月
④口紅、グロス・・・2カ月~3カ月
⑤日焼け止め・・・~6カ月
⑥ファンデーション・・・~6カ月
⑦ペンシルアイライナー・・・~1年
⑧チーク・・・~2年

 主な化粧品の使用期限を書き出してみましたが、全てを覚えるのは大変ですから、まずは、化粧ポーチや化粧台に使っていない化粧品があったら処分することから始めて下さい。特に、試供品などは、いつの間にか溜まっているものです。

 毎日、使うスキンケア化粧品については、製品を変えなければ、あまり消費期限を心配しなくてもよいです。季節で使い分けをされている方は、開封したら日付を書いたシールを貼っておくのが確実です。消費期限がきたら直ちに処分します。

2.使用前に「臭い、分離、沈殿」などのチエック!

kuri-mu

 化粧品を使う前には、「臭い、分離、沈殿」などのチャックをしてみましょう。化粧品を肌にのせると、繁殖した菌が毛穴に入って、かぶれ、かゆみ、ニキビなどの肌トラブルの原因にもなるからです。
 
 注意が必要なのは、鼻にツンとする臭いがあるもの。また乳液やクリーム・口紅は開封してみて、その時点で分離していたらアウトです。

 化粧水や美容液は放置しておくと、白い浮遊物が沈殿していることがあります。また白かったものが、褐色になっているなどの変化があらわれた商品も危険ですので、絶対に使わないようにしましょう。

取り扱いの注意点
 
●開封した容器は使用後、容器の口元をティッシュなどでふきとり、キャップやフタをしっかりとしめます。コットンでふき取ると繊維が混入しますので避けてください。
●一度開封すると空気が入り込み、酸化が進みます。また、手で触れた部分から雑菌が付着し、それが化粧品の中で繁殖している場合もあります。
●一度、手にとったものは量が多すぎても容器には移してはいけません。腕などにつけるかティッシュでふき取ります。

3.開封済み化粧品の保存方法注意点

  
03
①化粧品を冷蔵庫で保存・・・冷蔵庫に化粧品をいれている方が見受けられますが、これはNGです。冷蔵庫にいれると、使い終わった後の温度変化が強いからです。

②パフ・ブラシは最低でも、1週間に一度は洗う・・・想像以上に汚れています、細まめに洗うようにしましょう。

③リップは清潔なブラシで塗りましょう・・・但し、これはブラシが汚れていると意味がありませんので定期的に洗いましょう。

まとめ

 化粧品の保存方法の原則は、直射日光があたらない・高温・多湿・温度変化の激しい場所にはおかないということです。 
 
 化粧品は、お肌にとっては食べ物と同じですから当然使用期限や保存方法などにも気を付ける必要があります!

 ただし「無添加化粧品」と言われている物については、消費期限なども製造・販売メーカー独自に基準を設けて表記(原則は、薬事法にしたがっています。)されていますので、不安な方は無添加化粧品を選んで、使用期限を守って使用するのが一番良い方法です。

スポンサードリンク