縁結びの神様(神社)癒されに行こう!!

 en_L
 女性にとって、運命の相手に出会えるのは人生の中で最高の幸せです。冬の気配を感じる寒い季節は、無性に人恋しくなったり、独り身が辛かったりしてきますよね。クリスマスも近づいてきますし「ここらで縁結びの神様にお願いでもしたいなぁ・・」と密に思っていませんか?
 
 そこで今回は、縁結びの神様の情報を集めてみました。参考にされて、直接現地にお願いにいくのも良し!インターネット越しからのお願いでも良し!活用されて下さい。

今さらですが・・出雲大社(島根県)

izu-1
 
 縁結びの神様と言えば「出雲大社」と言われるほど有名ですが、出雲大社には、縁結びの神様として有名な大黒主大神をお祀りしていますので、豊な緑に囲まれた大きなお社の前には、平日でも若い女性が多く参拝にやってきます。

 お参りをして、広い境内の中を歩いていると、大黒主大神に縁のある”うさぎの石造”に何度も出会うことができます。人の世の縁のようでもあり、尊い感じもして近い将来の良縁を感じることが出来ます。

 良縁に恵まれるかは、はっきりとした答えは出せませんが、身も心も清々しくなりますので、ぜひ一度は参拝されてみることをおすすめします。
 

長年連れ添った夫婦の風格・・須賀神社(京都府)

sugajinja

 京都の須賀神社 (すがじんじゃ)の御祭神には夫婦神の二柱を祀ることから、縁起が良く、縁結びの神様とされています。

 毎年節分の時には、神事として懸想文(ラブレター)が販売されています。社頭で授与された懸想文(ラブレター)を鏡台などにしまっておくと、容姿が端麗になり良縁を授かる効果があるのだそうです。

 全国の神社の中でも、決して大きい佇まいではありませんし、華やかさもありませんが、例えるなら、長年連れ添った老夫婦が縁側でお茶しているようなしみじみとした雰囲気があります。

ハートパワーが全開・・恋木神社(福岡県)

127544923872316129332_DSC_0026-s1

 名前が可愛いと思ったのが最初の印象です。行ってみると「可愛い~」という声が漏れるほどに可愛らしい佇まいの神社でした。鳥居や境内の参道以外にもハートマークがたくさんあり、おみくじの結び方までもがハートといった徹底ぶりです。

 元々は、太宰府に左遷された菅原道真公の、妻子を想う寂しい心を慰めようと祀られたものですが、寂しい佇まいは一つも無く、友人同士で気軽に立ち寄れるような華やかさがあります。

 縁結びの神様にお参りに行く女性は、何だか寂しげな感じもしていましたが、そんなイメージを強烈に吹き飛ばすパワーを感じる神社です。

まとめ

 ここでは紹介しきれないほどに、全国に縁結びの神様はまだまだたくさんあります。ハロウイーンやクリスマスといったイベントも楽しいですが、日本の文化も捨てがたいなとしみじみ感じられる空間がどこの神社にもあるものです。

 華やかなクリスマスイベントのその前に、自国の神様の様子を見に行くのも、なかなかオツなものですよ。 

スポンサードリンク