ガサガサはもう嫌!潤い肌を取り戻そう!

 46dc1ea7
 冬になると、女性を悩ますのが「ガサガサ」「粉がふいたような感じ」「潤いがない」などは、冬ならではの悩みです。肌が乾燥すると「かゆみ」もでることが多いので、ついついかきむしって更に肌荒れを悪化させることもあります。

 日々の家事も「お湯」を使うことが多くなりますので「あかぎれ」など、冬ならではの様々なトラブルが女性を待ち構えています。「肌のトラブル=スキンケアが大切」というのは誰もが考えるところですが、「潤いのある肌」「美しい肌」にするには、見かけのお手入だけではなく、体のなかから「美しく」する必要があります。ここでは、冬になると気になる「乾燥肌」の原因と対処法をご紹介いたします。

1.乾燥肌の原因

 
 「乾燥肌」とは、肌の「バリア機能」が低下したことをさします。冬は気温が下がるので当然という感じもありますが、実はそれだけが原因ではありません。それでは、肌のバリア機能を低下させている原因とはなんでしょうか?大きくわけると次の5つに分かれます。

  1. 寒さ・乾燥による皮脂欠乏
  2. 寒さによる血行不良
  3. 間違ったスキンケア
  4. ストレスや日常生活の乱れ
  5. 年齢によるもの

2.バリア機能を保護するには?

スキンケア
 
 バリア機能を保護するには、その機能を低下させる原因を排除していくことから始めます。冬は、空気が乾燥していますので「保湿」が大切です。「保湿」といっても自分には何が合うのだろうか?と女性は常に考えています。

 一般的なところでは、「手」はハンドクリーム、「体」は、ボディーローション・クリーム、「顏」は、化粧水・乳液・クリーム等ではないでしょうか?一番、悩むのが、どの製品がよいのかということです。今まで使用して、肌のトラブルがなく、ピッタリとフィットしている方は、その製品が合っていると考えていてよいでしょう。

 自分に合うものが見つからなくて「ガサガサ」状態が続き、かゆくて仕方がないと言う方は、皮膚科の受診をお勧めいたします。他の皮膚の病気がない限り、「ガサガサ」「かゆい」などに、よく効く「保湿」「血行促進」の効果があるローションが処方されます。これは、ベトつかず、さらっとしていて大変使いやすいものです。同じローションは市販薬では販売されていません。

 他には、肌だけでなく室温・湿度などにも気をくばる必要があります。湿度が余りにも低い場合は、加湿器などを上手に利用することです。また、外出時にはしっかりと防寒していくのも忘れないようにしましよう。

 シミ・ソバカスの原因にもなる紫外線は冬でも、夏の半分位の量はありますので、しっかりとした紫外線対策も怠らないようにしましょう。また、積雪地方の紫外線量は更に高くなりますのでスキー場などでは特に注意が必要です。紫外線の詳細については下記のサイトを参照してください。

 株式会社花王より:http://www.kao.com/jp/skincare/work_03.html

「潤いのある肌」を保つには

skincare

 肌にやさしくするのがポイントです。冬は、洗顔などもお湯を使いがちですが、お湯は皮脂を不足させてしまいますので水で行います。入浴は、寒いと、どうしてもお湯も熱めにしてしまいがちですがこれは、皮脂を不足させる原因になります。

 また、体の洗い方ですが、ゴシゴシと洗いすぎるのはよくありません。無理にこすると、皮膚の角質層がはがれた状態になり、少しの刺激でも「かゆみ」を起すようになりますのでお湯の温度をさげてやわらかく洗います。肌が過敏な方は自分の手で洗うのもよいです。メイク落としは、肌がツルツルになるまでのタイプは皮脂の不足にもつながりますので注意が必要です。

3.生活習慣と加齢

 
 「潤いのある肌」にするには、見かけだけをケアすればよいわけではありません。食生活、睡眠、喫煙、過労、ストレスなどさまざまな要素も加わってきます。まず、食生活の乱れは、お肌に直結します。極度のダイエットなども同じです。

 正しい食生活は自ずと、健康的な潤いのある肌につながります。食事のバランスについては、色々な情報が飛び交っていますので、正しい知識を持つ必要があります。下記の「毎日の食生活チェックブック」を参考にしてください。

 
 睡眠不足は、肌によくありませんので十分な時間をとりましょう。ストレスも肌には大敵ですので、心にゆとりを持った生活をおくるのが大切です。喫煙は、肌によくないのは当然ですが、呼吸器官にもダメージを与えますので禁煙をお勧めいたします。禁煙できない方は、最近は病院に禁煙外来もありますので利用するのも一法です。

 女性、は30歳を過ぎた頃から、皮脂量は急激に下降線をたどります。よって年齢とともにケアが必要になってきます。近年では、アンチエイジング=老化を遅らせる(詳細は下記サイト参照)という言葉も認知されています。正式なアンチエイジング療法は、専門医がいるクリニックで行います。主として、婦人科・皮膚科などで行われています。但し、アンチエイジング療法は、自由診療となります。

 http://www.anti-aging.gr.jp/anti/index.phtml:日本抗加齢医学学会サイトより
 

スポンサードリンク