女性の大敵!冬の寒さから体を守る5つの方法

byrog04画像出典:irorio/
 女性にとって”冷え”は大敵。体が冷えると痩せにくくなったり、生理不順、重い生理痛、腰痛の原因になったりむくみも現れます。これから結婚・妊娠を控えている人は、冷えは不妊の原因の1つにもなりますので、冷え知らずの身体を作っておきたいところですね。

 毎年冬が近づくと憂鬱になっていたあなたに、ここでは簡単に身体を温める方法をご紹介します。今年の冬は「冷えないカラダ」を作ってポカポカ気分で乗り切りましょう。

1.原因は食べ物にあった!身体を温める食材とは?

byrog03画像出典:inageya.co.jp
 ダイエットになるからと、野菜を中心にした食事をしている女性も多いと思います。しかし、野菜の中にも身体を温めるものと冷やすものがあるのをご存じですか?知らず知らずのうちに、食べ物で身体を冷やしているのかもしれません。

 身体を冷やす野菜として代表的なものは、トマト、きゅうり、なす、大根、白菜、小松菜などがあげられます。一方身体を温める野菜は、にんじん、かぼちゃ、ごぼう、にんにく、にら、しそ、など。

 しかし身体が冷えるからといって、トマトなどの野菜を全く摂らないのもバランスが悪くなりますね。煮詰めたり塩漬けにしたりと、調理方法で性質が変わるものもあります。

 例えば、にんにくを入れてトマトソースにする、きゅうりやなすを塩漬けにする、大根サラダではなく煮物にするなど、一工夫すれば身体を温めることができるので、ぜひ試してみて下さい。

2.寒い時こそ適度な運動でポカポカに!

 身体を温めるには、身体を動かして血液の巡りを良くすることが一番!しかし、事務仕事をしている人は座りっぱなしなので、なかなか運動することはできないですよね。足の筋肉を伸縮させると血液が心臓に戻る動きが良くなるので、座ったままでもその場で簡単にすることができます。

 座って足の裏を床に付けた状態から、かかとだけを20回あげます。次につま先だけを20回あげます。たったこれだけの動きで、身体がポカポカと温まってきます。座りっぱなしの仕事でも、こっそり動かすことができますね。

 その他には、まっすぐに立った姿勢から90度のおじぎを20回繰り返すことで血液の巡りが良くなります。休憩時間にでもぜひ試してみて下さい。

3.シャワーはダメ!毎日の入浴を半身浴に

byrog02画像出典:homepro.seesaa.net
 毎日シャワーで済ませていて湯船に浸かっていないという人は、ぜひ今日から湯船に浸かってみて下さい。毎日湯船に浸かることで、冷えにくい身体になっていきます。

 熱い湯船に浸かっているのに、お風呂からあがるとすぐに足が冷えてしまう、という人もいると思います。原因は、上半身がすぐに温まってのぼせた感覚になるけれど、足先までは十分に温まっていなく、上半身と下半身の温度差が埋まっていないためです。

 39度~40度のぬるめのお湯で20分程ゆっくり半身浴をすると、足の先までしっかりと温まり、身体の中の温度差がなくなり血液の巡りが良くなります。お気に入りの音楽を聞いたり、本を読みながら半身浴をすると、リラックスできて心も身体も温まりますね。

4.外出先でも手っ取り早く身体を温める方法!

 冬は通勤や通学、ご飯の買い物、犬の散歩など外出先で凍える思いをしてしまいますが、少しの時間でも身体を温める方法を2つご紹介したいと思います。

 ●足先を温めたい場合
  靴を履いたまま足の指を折り曲げて、地面に押し付けて下さい。足の指に血液がいかなくなったなという感じを10秒間キープしましょう。10秒待ったら足を戻します。これを3セットほど繰り返しましょう。止まっていた血液が一気に流れ出しますので、足先が温かくなってきます。靴によっては難しい場合もありますので無理のない範囲で試してください。

 ●手の指先を温めたい場合
  手をグー、パーの形に交互にします。即効性はないですが、続けているうちに指先の血流が良くなってきますよ。紹介した、2つの動作は室内にいても行えますので、学校行事に参加した時や会社での会議の時などにも冷えを感じたら是非やってみて下さい。

5.意外と知られていない?身体を温める呼吸法

byrog01
 あまり知られていませんが、呼吸で代謝機能をアップして身体を芯から温める呼吸法があります。内臓を温めることで便秘や血行不良を改善し、冷え知らずの身体を作っていくことができるのです。

 ●腹式呼吸法
  ゆっくりと鼻から空気を吸い、少しずつ空気でお腹をふくらませます。吐くとは、鼻または口からゆっくりとお腹に溜まった空気を出すようにへこませます。簡単な方法なので、仕事中でもこっそりばれずに試すことができますね。

 ●ヨガ呼吸法
  腹式呼吸法と同じように空気を吸い、吐くときは「フッフッフッ」と鼻から小出しにするように吐きます。

 呼吸は普段は無意識にしているもの。少し気をつけて意識的に呼吸をしてみると、じんわりと身体が温まってきますよ。

まとめ

 「どうも体の調子が悪い・・・」それは”冷え”からきているのかもしれません。女性の2人に1人は冷え症と言われているくらい、冷えに悩まされている人は多いもの。

 冷えがもとで病気を引き起こすこともあるほど、バカにはできないものなのです。ここであげた身体を温める方法を実践して、ぜひ「冷えないカラダ」を手に入れてみてください。




スポンサードリンク