肌にとっては過酷な季節到来!いまのうちに覚えておきたい冬の保湿ケア対策

131213_sigeta画像出典:スキンケア大学
 空気が乾燥する冬は一年間で一番、肌に過酷な季節です。実は乾燥だけでなく、寒さも肌には大きな負担をかけています。

 そのため、肌がつっぱたり、かさついたり、キメが乱れたり、肌荒れするなど何かとトラブルが増えるのです。

 そこで、本格的な冬を迎える前に、この季節を乗り切るための保湿ケアについてしっかり覚えておきましょう。
 

1.保湿ケアの基本

 まず、日常的に取り入れたい保湿ケアからしっかり説明しておきますね。

 洗顔はとても大切ですが、乾燥を避けるためにはお湯で顔を洗うのは厳禁です。

 肌の水分を保つ皮脂膜を落としすぎないように、冷たくないと感じる程度のぬるま湯を使うように意識してください。

 次に肌を保湿するために覚えておきたいのが化粧水や乳液を使うタイミングです。

 洗顔後や入浴後は、時間と比例して水分が奪われていきますので、タオルで顔の水分をとったらすぐにお手入れを始めるようにしましょう。
 
 化粧水の1回の適量は500円玉大が目安とされていますが、肌の乾燥状態によって必要な量は毎回変わります。

 いつもと同じ量でつっぱり感やかさつきを感じたら次にはもっと多めに量を増やすなど自分で微調整してください。

 また、保湿には乳液やクリームが欠かせません。美容液を使う場合は化粧水の後につけ、最後に乳液かクリームで肌にふたをしましょう。

 手に取った適量の乳液やクリームは両ほほと額、鼻、あごにのせ、顔の内側から外側にらせんを描くようにマッサージしながらなじませていきます。

 最後に、顔全体をハンドプレスするとさらに深く浸透します。このとき、手のひらが冷たすぎると浸透度が低くなります。

 肌の保湿ケアをするときには手を温めてから行いようにしましょう。

2.日常のケアにプラスしたいポイント

kuri-mu画像出典:30代からのアンチエイジングライフ
 前章で説明した日常の保湿ケアに加えて、部分的に対策が必要なもののポイントもまとめておきましょう。

 年齢を感じやすい目と口の周りは、他の部分より皮膚が薄くてデリケートなのでより保湿ケアが大切です。

 化粧水や乳液、クリームをつけるときにも他の部分より多く重ねてなじませたり、専用のスキンケア化粧品を使うなどていねいにケアするように心がけましょう。

 そして、常日頃から意識してほしいのがメイク前の保湿です。冷たい外気にさらされる前にしっかり化粧水で肌を整え、乳液やクリームでふたをして乾燥しにくいように配慮しましょう。

 また、日中に肌が乾燥したと感じたときのために日ごろからミストを携帯し、気になったらすぐにシュッとスプレーし、手のひらでギュッと押さえる習慣をつけましょう。

 もう一つ、唇のケアも意識すべきです。乾くとついなめてしまいがちですが、その瞬間は潤ってもその潤いが蒸発することでさらに乾いていってしまいます。

 常にリップクリームを携帯し、唇を保護することを心がけてください。また、ひとによっては口紅の成分で唇が荒れてしまうことがあります。

 市販のリップクリームで保湿ができず、唇の皮がむけてくるようなら皮膚科に相談することをおすすめします。

3.生活習慣に取り入れてできる保湿ケア

 保湿ケアは、スキンケアだけにとどまるものではありません。日常生活を見直して潤いを意識することでできる乾燥対策もあります。
 
 例えば、部屋の湿度を保つのも大事な乾燥対策です。肌の乾燥を防ぐだけでなく、インフルエンザ予防にもなりますので部屋の湿度を60~70%に保つように心がけましょう。

 特に寝るときに加湿器を使いたくないのなら部屋に濡らしたタオルをつるしたり、ベッドサイドにコップ1杯の水を置くだけでも十分に効果があります。
 
 そして朝起きたら、コップ1杯の水を飲む習慣をつけることも乾燥対策になるのです。

 これは、腸に刺激を与えて老廃物を体外に排出することで、肌の働きをアップするという方法です。便秘解消が肌の水分保持に影響することを覚えておきましょう。

 そして最後は、ストレス対策です。人間はストレスにさらされると血行が悪くなったり、肌のターンオーバーを鈍らせることがわかっています。
 
 ストレスを避けることはできなくても、うまく気分転換する方法を見つけて、上手に解消するように心がけましょう。

マッサージも取り入れてみよう!

HT046_72A画像出典:ダイエットのチカラ
 保湿ケアは、日ごろの生活習慣やお手入れの積み重ねが大事なのは十分にわかってもらえたと思います。

 さらに毎日のお手入れにマッサージを取り入れると、血行がよくなることで肌の細胞に水分や栄養が運ばれやすく、老廃物が排出されやすくなります。

 インターネットなどで、顔のマッサージ方法が紹介されているので入浴中やクレンジングオイルでメイクオフするときに取り入れてみましょう。

 難しく考えず、自分にできることを毎日続けることが大切です。加齢とともに失われる潤いを少しでも長くとどめられるようにしっかり保湿ケアしてくださいね。

スポンサードリンク