豆乳効果で女性らしさを維持しよう!

 11
 肌がキレイな女性に生活習慣を尋ねてみると、「毎日、豆乳を飲んでいます」と答えるひとが多いこと、あなたは知っていますか?実は豆乳には、美容だけでなく、健康にもよい効果がいろいろあるのです。そこで今回は、どうして女性が豆乳を飲んだ方がよいのか、どんな飲み方をしたらよいのかについて、お話ししてみたいと思います。

1.豆乳の健康効果とは?

 
 豆乳に含まれているたんぱく質は、血液中のコレステロールを低下させてくれます。そのうえ、大豆に含まれるペプチドは、血圧の厚情を抑制する働きがあります。
 
 同様に含まれているレシチンは、血管に付着しているコレステロールを溶かすので、血液の流れがよくなったり、固まるのを防いでくれます。コレステロールを溶かすことは、実はダイエットに効果的です。さらにこのレシチンは、脳を活性化することにも力を発揮します。
 
 女性ホルモンに似た働きをしてくれるイソフラボンは、更年期障害などが原因で起こる、高血圧やコレステロールを抑制したり、循環器系の疾患にかかるリスクを軽くする効果があると言われています。
 
 さらに豆乳には豊富なビタミンB6群が含まれているので、ストレスを解消したり、集中力を高めるのにもよいとされています。こうした健康効果もあって、美容にも力を発揮するというわけです。

2.豆乳の美容効果とは?

gf2160294279
 
 大豆はそのまま食べると、実は消化がよくない部類に入る食べ物です。ですが、豆乳にすることで、消化吸収がグッとアップするメリットがあります。また大豆は「畑のお肉」とも言われ、植物性たんぱく質の中で、一番動物性たんぱく質に似て、栄養分も豊富です。そこに含まれるアミノ酸やビタミンが、若さと美しさを保つ一助を担ってくれるのです。

 嬉しい美容効果には、大豆に含まれているイソフラボンが、女性ホルモンであるエストロゲンと似たような働きをすることが影響しています。これが、女性の肌のツヤを保つ役割を果たしています。
 
 更に豆乳は、肌をキレイにするだけでなく、ムダ毛を薄くする役割も果たしてくれます。さらに、豆乳には食物繊維も多く含まれており、腸内の善玉菌を助けるという働きもあります。便秘を解消し、腸内の磴廃物を排出すれば、吹き出物も解消されるはずです。

3.効果的な豆乳の飲み方とは?

 では、豆乳はいつ飲んでも、効果が同じなのでしょうか。それをお話しする前に、豆乳の成分である「大豆サポニン」のことを説明したいと思います。「大豆サポニン」とは、大豆を煮たときに出る泡のことで、苦みのある成分です。
 
 豆腐をつくるときには、味を良くするために、この「大豆サポニン」が取り除かれています。ですが、この「大豆サポニン」には、実はダイエット効果があるのです。
 
 もし、より健康や美容によい飲み方を実践したいなら、食事の前に豆乳を飲むことをおすすめします。食前に「大豆サポニン」を摂取しておくと、この成分が腸に働きかけ、脂肪の吸収を抑えてくれます。
 
 美肌を保つだけでなく、ダイエットにも効果があるとなれば、食前に豆乳を飲むことは、ぜひ習慣にしたいものです。また、小腹がすいたときに、豆乳を間食にすると、食欲を抑えることにもつながります。

 また、朝食前、おなかがすいている状態で豆乳を飲むと、成分が吸収されやすくなります。
 その結果、腸内環境が整うので、余分な糖質を吸収することもなくなり、腹持ちがよくなることで、食べ過ぎを防ぐこともできます。

 ただし、身体が豆乳の成分を吸収できる量は決まっているので、1日200~400ミリリットル程度に抑えましょう。
 

豆乳が苦手なひとの摂取方法とは?

b
 豆乳が身体によいことはわかっても、味が苦手という女性も少なくありません。その場合、飲みやすい方法で摂取することを考えましょう。

 手軽な方法でいえば、豆乳を牛乳で割るという方法があります。やってみると、意外な飲みやすさに驚くはずです。また、シリアルにかけたり、豆乳を使ったココアをつくったりと、アレンジを加えるという方法もあります。
 
 ジューサーが家にあるなら、好きなフルーツと豆乳をミキサーにかけて、スムージー感覚で飲むのもおすすめです。特にバナナと豆乳の組み合わせは、腹持ちもよく、甘く飲みやすいです。このほかにも、コーヒーを豆乳で割る、ヨーグルトに豆乳を混ぜるのも、手軽な方法です。

 また、豆乳を飲むのではなく、料理に使うのもおすすめです。冬なら豆乳鍋にしたり、シチューやカレーに豆乳を入れたり、スープにすれば、他の具材やだしが入るので、より食べやすくなるはずです。野菜や肉を足すことで、一日に必要な栄養素を補いやすくなるはずです。

 大事なポイントは、毎日豆乳を摂取する習慣をつけることです。自分がおいしいと感じ、続けられる方法を探して、まず実践してみましょう。インターネットで豆乳レシピを検索すると、きっといろいろなレシピがヒットするはずですよ。

スポンサードリンク