むくみで見た目が損してる女性は多い!今日から出来る改善法

k21

 朝起きて鏡を見たとき、顔がむくんでいると、ブルーな気持ちになりますよね。顔がむくんでいると、どれだけキレイにメイクをしてもスッキリ仕上がらないし、見た目も太って見えてしまうものです。そこで今回は、顔のむくみの原因と解消法について、紹介したいと思います。

1.むくみのメカニズムとは

 
 人間のむくみは、血管の外側にある体内の組織に、余分な水分が貯まることで起こります。この水分とは、腎臓や肺などの組織に栄養分や酸素を運ぶ役割を果たす、血しょう成分のことです。
 血しょう成分は本来、動脈を通って栄養や酸素を届け、その後は細胞間液となって老廃物と二酸化炭素を回収し、再び血しょう成分として、静脈やリンパ管を通って心臓に戻るものです。ですが、静脈の働きが悪くなると、リンパに送られる細胞間液の量が増えてしまい、それが体内の組織に貯まることで、むくみになってしまうのです。

 一般的にむくみの主な原因と言われているのは、アルコールの摂取や塩分の摂り過ぎ、又はビタミンやミネラルなどが不足、運動不足や腎機能の低下も考えられます。病気が原因ということもありますので、体調をよく観察しながらむくみを解消していきましょう。

2.女性が一番憂鬱なのは、顔のむくみ

 むくみの中でも一番心が重たくなるのは顔のむくみです。特に夏に多い原因としては、冷房の効いた室内に長時間いることで発汗が悪くなり、体内に余計な水分を溜め込みやすくすることがあげられます。
 怖いのは、顔のむくみの陰に、病気が隠れている可能性があるということです。腎機能障害を筆頭に、肝臓病や心臓病、妊娠中毒症、血管・リンパ管の障害、貧血などが原因のこともあります。微熱が続くなどの症状があるようなら、一度病院に行くとよいでしょう。
 
 また、血行不良などで代謝が悪くなったり、冷え症になると、体質的にむくみやすくなります。その結果、顔がむくんでしまうのです。こうした原因が単体なうちは対処しやすいですが、複合して顔がむくむようになると厄介です。顔のむくみは、顔のたるみとイコールです。早め早めに対処するのがおすすめです。

3.顔のむくみの対処法とは?

af9970044304
 顔のむくみの原因は、水分が滞っていることなので、簡単なマッサージでも解消できます。その方法も、ご紹介しておきましょう。
 

  1. 顔のマッサージ方法

 顔の水分を下に流れやすくするために、顔の前に首を左右に3回ほど大きく回し、ほぐしておきましょう。次に、鎖骨の上にあるくぼみに、指を4本入れます。左右順番に、それぞれ20回ずつ、気持ちよいと感じる強さでグイグイ押してください。
 そのうえであごから耳にかけて、余分な水分を押し流すイメージで、引っ張り上げながらマッサージします。このとき、肌にダメージを与えないように、クリームやオイルを使って、滑りをよくしましょう。あごから耳の上へのマッサージが終わったら、耳の後ろから首筋に向かって、水分を下げるイメージで流していきます。

 これだけでも、顔のむくみは大分解消されるはずですが、よりスッキリさせたいと思うなら、マッサージを始める前に肩や肩甲骨を回したり、全身のストレッチをすると、より効果的です。また、頭皮のマッサージも行うと、全身の代謝がアップして、むくみが解消できます。このとき、耳も一緒にもんでみると、気持ちがいいです。

 さらに、目元のむくみを解消したいなら、目頭と目尻にあるツボを、2~3回押してみてください。それでも足りないときには、あらかじめ冷蔵庫で冷やしてお歌金属製のスプーンの丸い面を使い、まぶたや目の下を軽く撫でてみましょう。きっと、スッキリするはずです。

 

  1. 水分の摂り方を変えよう

 顔のむくみを避けるためには、体内の水分を適切に排出することが不可欠です。常温の水を、トイレ1回につきコップ1杯を目安に、ゆっくり補給すると、むくみにくくなります。
 

  1. 蒸しタオルを利用する

  蒸しタオルと冷たいタオルを交互にあてると、むくみが和らぎます。水で濡らして絞ったタオルを電子レンジで1分ほど温めると、簡単に蒸しタオルができるので、粗熱をとってから使ってみましょう。 
 

  1. お風呂に入る

  湯船につかって汗を流すと、むくみが解消されます。普段シャワー派のひとほど、試してみてほしい方法です。

顔のむくみは対処より予防を!

jj-1
 顔がむくんでから対処するより、できる限りの予防を心がける方が、効率がいいですよね。例えばアルコールが原因で顔がむくむのを予防するなら、眠る前にミネラル分を豊富に含んだ水をたくさん飲み、酔いをさましてから寝ると、むくみにくくなります。
 
 塩分の摂取量が多くて顔がむくんでしまう場合は、ナトリウムの排出をサポートしてくれる、カリウムを摂取するのが効果的です。バナナやリンゴなど、カリウムが多い食材を意識して摂取して、塩分を排出しましょう。

 また、糖分も体内に水分を蓄える力が強いです。スイーツの食べ過ぎは、塩分の摂り過ぎと同様にむくみを誘発するので、日ごろから食べ過ぎないように意識しましょう。顔のむくみは気になるものですが、予防法も対処法も難しくありません。できることから、即実践してみてくださいね!

スポンサードリンク