疲れた身体には断然ネバネバ食材がおすすめ!

 名称未設定-1
 私たちの食生活の中に、ネバネバ食材はなくてはならないものです。単においしいから食べているひとも多いと思いますが、ネバネバ食材には、見逃せないさまざまな健康に良い効能があります!特に夏の疲れた身体のケアに持ってこい!そこで今回は、ネバネバ食材の効能から保存方法まで、ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク


style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-9145649551965071″
data-ad-slot=”5248078101″
data-ad-format=”auto”>

1.なぜネバネバ食材は身体にいいの?

 
 ネバネバ食材と聞いて、あなたは何を連想しますか?納豆や山芋、オクラ、モロヘイヤ、メカブ、もずくなどが一般的ですよね。これらの食材に共通しているネバネバの正体は、「ムチン」という粘着物質です。「ムチン」は、タンパク質と多糖類が結合してできています。
 
 この「ムチン」には血液をサラサラにする効果があり、脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化といった生活習慣病を予防する役割を果たします。また、「ムチン」は血糖の上昇を抑える働きもあるので、糖尿病の予防にも有効と言われているのです。

2.食材別の効能を知っておこう!

  
nebanebalife1108_01

  1. 納豆の効能

  原料が大豆で発酵しているので、ビタミンB2が豊富。食べることで脂質や糖質のエネルギー代謝がよくなり、血糖値を下げます。また、ナットウキナーゼが血栓を強力に溶かしたり、水溶性ペプチドがホルモンバランスを整えます。特に、糖尿病体質を改善するのに、良い食材です。
 

  1. 山芋の効能

  ムチンが腸内で糖質の吸収をゆっくりにしてくれるので、血糖の急激な上昇を抑えてくれます。さらに山芋には、胃潰瘍や胃炎の予防と改善、血中コレステロールの改善、肝臓・腎臓を助ける働きがあるほか、滋養強壮にも良いとされています。ただし、ムチンは熱に弱いので、生のすりおろしか千切りで食べないと、効果が弱まります。
 

  1. オクラの効能

  オクラのネバネバには、ガラクタンやアラベン、ペクチンなどの食物繊維が豊富で、整腸作用やコレステロールを減らす作用があります。また栄養価も高く、カルシウムや鉄、カロチン、ビタミンCも含まれていますので女性の美容にも嬉しい食材です。
 

  1. モロヘイヤの効能

  ムチンだけでなく、こんにゃくの18倍の食物繊維が含まれているので、便秘解消やコレステロールを下げる効果があります。また、野菜100gに含まれるカロチンの量が一番多く、ガン予防にも良いと言われていますそのためダイエットにも最適の食材です。
 

  1. メカブの効能

 メカブにはアルギン酸が豊富で、腸内にある余分な糖分やコレステロールを吸収・排出し、血糖の上昇を抑えてくれます。また、ネバネバに含まれているフコイダンには、免疫力を高める効果があり、花粉症にも有効だと言われています。
 

  1. もずくの効能

 もずくには水溶性の食物繊維であるフコイダンが豊富に含まれて入れ、胃の中のピロリ菌の動きを妨害してくれるので、胃潰瘍や胃炎を防ぐ作用をしてくれます。また、水溶性のアルギン酸も含まれており、O-157を殺菌する働きもあります。小さい子供にも是非食べて欲しい食材です。

3.覚えておきたい、ネバネバ食材の保存方法

pp-1  

 

  1. 納豆の保存方法

 納豆は、冷蔵庫保存が基本です。もし冷凍庫で保存した場合は、解凍は常温でも電子レンジでもせず、冷蔵庫内で自然解凍します。冷凍したからといって、保存期間が長くなるわけではないので、冷蔵庫で保存できる量だけを買って、早めに食べきるようにしましょう。
 

  1. 山芋の保存方法

 山芋は、新聞紙でくるんで冷蔵保存します。もし、量が多くて冷蔵期限に食べきれない場合は、すりおろしてから冷凍保存するようにしましょう。冷凍した山芋は、自然解凍して食べてください。

 

  1. オクラの保存方法

 オクラは、乾燥にも低温にも弱い食材です。ポリ袋に入れたり、新聞紙に包んでから、冷蔵庫の野菜室で保存してください。
 

  1. モロヘイヤの保存方法

 モロヘイヤは、日持ちしない食材の一つです。ポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存してください。冷凍する場合は、サッとゆでてから、1回ずつに分けておくと使うときに便利です。刻んでから冷凍すれば、すぐに使えます。
 

  1. メカブの保存方法

  メカブも、冷凍保存が可能です。洗わずにそのままでも、ゆでてから冷凍してもOKです。半年くらいは冷凍保存でき、解凍するときには、生と同様に料理に混ぜて食べることができます。
 

  1. もずくの保存方法

 もずくも、冷凍保存できます。ポリ袋などに小分けし、そのまま冷凍し、食べるときは自然解凍します。味付きのもずくでも、冷凍が可能です。

もっとネバネバ食材を食べよう!

 
ppp-1
 ネバネバ食材は、子どもから高齢者まで幅広い年代に好まれます。それは、口当たりがよく、肉や魚など、いろいろば食材と組み合わせやすいうえ、栄養価も高いからでしょう。ネバネバ食材が持つとろみが、のど越しをよくしたり、食欲を促してくれるので、日々の食事の中に積極的に取り入れることをおすすめします。
 
 インターネットで検索をかけると、ネバネバ食材のさまざまなレシピや、便利な保存方法の情報がたくさんヒットします。自分に取り入れやすいものから始めて、健康にも美容にもよいネバネバ食材を食べる機会を、もっと増やしていきましょう!

スポンサードリンク