知らないと怖い!カラコンのリスクについて

 gf2160230549
 薬局に行けば手軽に買えるし、瞳の大きさもグッと大きく見えるオシャレなカラーコンタクトは、今ではファッションアイテムとして定着した感があります。ですが、オシャレ感覚でつけたはずのカラーコンタクトで、眼が傷つくなどのトラブルが多発し、消費者センターが注意を呼びかける事態が起こっています。そのため今回は、カラーコンタクトで起こりうるトラブルや、それを避けるための注意点について、お話ししたいと思います。

1.カラーコンタクトレンズってどんなもの?

 

 カラーコンタクトレンズ(通称カラコン)は、本来透明なコンタクトレンズに着色したもので、すべてソフトレンズです。カラコンに限らず、コンタクトは、一人ひとりの眼のカーブや度数に合わせて、的確なものを装着しなければ、どれだけ丁寧にケアしても、炎症が起きてしまいます。コンタクトレンズを装着するときは、まず眼科で診察を受け、医師の処方箋に基づいて商品を購入するのがもっとも安全な方法です。ドライアイやアレルギー体質のひとは、装着を避けた方がよいことがあるので、病院へ行って必ず確認しておきましょう。 

 カラコンは、普通のコンタクトレンズと同じように、「高度管理医療機器(不具合が生じた時の人体へのリスクが高い商品)」として、厚生労働省に指定されています。「高度管理医療機器」には心臓ペースメーカーも含まれており、適切な管理が大切なのです。

2.カラコンを購入するときの注意点とは?

 
 では、安全にカラコンを購入するためには、どんな点に気を付けたらよいのでしょうか。まず、眼科医に相談し、処方箋をもらってから、安心できるショップで購入することです。雑貨屋やネットでもカラコンは購入できますが、その製品の安全性が担保されているわけではありません。
 
 コンタクトは、一人ひとりに合った的確なものを装着しなければ、どれだけ丁寧にケアしても、炎症が起きてしまいま。すまた、酸素透過性が低いと眼にかかる負担が高くなりますし、着色方法が適切でないと、痛みや涙が止まらなくなることもあります。
 医師の処方箋があって、適切なショップで購入すれば、テストレンズで装着確認ができるので、余計なリスクを避けることができるでしょう。
 
 また、カラコンは購入時だけ注意しても、トラブルのリスクを回避できるものでもありません。レンズのケアを適切に行うことも、眼の炎症を避けるためには重要です。カラコンを使っているうちに、眼が痛くなったり、しみるように感じたり、光がまぶしく思えたら、すぐに装着するのをやめて、眼科医に相談してください。
 
 こうした症状は、眼の表面に傷がついているサインであることが多いのです。かすり傷であれば、適切な処置で回復できますが、違和感を感じながら使い続けることで、傷から細菌感染して傷跡が残ったり、視力が下がったり、最悪の場合失明することもありえます。自分の眼の健康を守るためにも、適切な方法で購入、ケアしましょう。
 

3.カラコンのトラブルで主なもの

 
C1409133

  1. 1.目の炎症
  2. 2.角膜や眼球に傷
  3. 3.ドライアイ

 
 2009年までは薬事法の対象品ではなかったので、雑貨として扱われ、医師の処方箋なしに気軽に購入でき、爆発的に広がったという背景があります。そのため、粗悪品が流通し、トラブルが多発したのです。
 
 カラコンのトラブルは、レンズが原因なものと、ケアによるものに大別できます。レンズが原因なものとしては、粗悪品なため角膜や眼球に傷がついたり、眼のカーブに合わないレンズを装着し炎症を起こしたり、色落ちして角膜に影響を与えたケースが報告されています。
 
 ケアが原因なものとしては、1日で使い捨てるタイプのカラコンを1週間使い続けて炎症を起こしたり、毎日汚れを落とすケアを怠ることで、眼に炎症を起こすケースが多いです。そもそもカラコンは、透明なコンタクトレンズと比べると、酸素透過性が低い素材を使っていることが多いため、通常のものより炎症を起こしやすい傾向が強いです。
 
 眼が悪いひとがカラコンを装着する場合、度を合わせるために眼科医に処方してもらう確率があがりますが、度なしのカラコンをファッション感覚で処方箋なしに購入すると、トラブルに見舞われる可能性がアップしますのでこうしたトラブルがあることを、しっかり認識しておきましょう。

4.安全なカラコンの選び方を知っておこう!

123
 これから安全なカラコンを選んで使おうと考えているなら、覚えて起きてほしいことがあります。それは、国内で適切に販売されているカラコンは安全だということです。何故なら現在日本では、厚生労働省が承認した販売者しか、カラコンを販売できないことになっています。
 
 さらに「高度管理医療機器」に指定されているカラコンには、「医療機器承認番号」が付いています。それがあるかどうかを、チェックしてから購入しましょう。そして、カラコンを購入する際には、使用期限をチェックするのも大切です。
 
 1DAYタイプは使用期限が短いのでより安全ですし、1週間のタイプも保存液にカラコンが使っているので、安全に使える期間が限定されます。使用したい期間と使用期限があっているかも、きちんとチェックしましょう。また、安いからといって、ネットで購入したり、海外製品を取り寄せるのはリスクが高いことを、よく認識しておきましょう。

スポンサードリンク