ブランクなんて怖くない!仕事に再チャレンジする女性を応援!

 gf1420192955l
 再就職を希望する女性の多くが「子育てや家事の両立が難しいのでは?」という不安を抱えています。また仕事に対するブランクも足かせになって一歩が踏み出せないという女性も少なくありません。不安を抱えて足踏みしている女性の背中を応援したいと思い、色々な情報を集めてみました。ぜひ参考にして下さい。

就職活動をスタートさせる前にするべきこと4つ

  1. 1.自分の状況と向き合う
  2. 2.働く目的を決める
  3. 3.勤務条件について優先順位を付ける
  4. 4.家族と十分話合う

 これから就職活動をしたいと思う女性の中には、絶対に正社員として働きたいと考える人もいれば、一日の内の数時間だけの勤務を希望している人もいます。当然人によって現在の状況は違っていて当たり前なのですが、その自分の状況と向き合って「働く目的」や「勤務条件に優先順位をつける」ことを就職活動の前には必ず明確にするようにしてください。

 何故なら、再就職に向けての不安要素を無視したまま就職を決めてしまうと、後々困る状況に陥る可能性が高くなるからです。自分の状況を整理し働く状況がイメージ出来るようになったら、次に家族に働くことを相談しましょう。

 パートナーや親に相談するだけでは無く、子供にも相談することが大事です。まだ子供は小さいからと相談しない女性は多いですが、ある日突然、母親に長時間会えなくなる事は子供にとってかなりの不安とストレスを感じることになり、心や身体の体調を崩してしまう原因にもなります。就職活動をスタートする前から「応援してくれる?協力してくれる?」と話を何度もすることで、子供の心にも準備期間を作ってあげましょう。
 

女性をターゲットにしたお仕事に注目!

gf1420255523

  1. 1.保育キーパー
  2. 2.家事代行
  3. 3.自宅開業型の教室
  4. 4.女性限定タクシードライバー

1.保育キーパーの仕事とは?

 保育キーパーは、自宅や訪問などの形でお母さんの代わりに子供のお世話をする仕事です。共働きの家庭が増えたことで病児保育キーパー(軽度の病気や回復期の子供の看病)の需要も増えています。キーパーに特別な資格は必要ありませんが、事前研修を行う企業や子育ての経験10年以上などの条件を付けている場合があります。時間や曜日の融通がききますし子育て経験が活かせますので、いきなりフルタイムは不安という女性にもおすすめです。

2.家事代行の仕事とは?

 近年では、家事代行の仕事も右肩上がりで増え続けています。仕事内容もキッチン回り~家事全般までと幅が広く、女性の働き手を常に募集している状況です。家電量販店などからも気軽に家事代行を発注できるなど、お中元やプレゼントとしての需要も増えているので、今後も注目の職業です。

3.自宅開業型の教室とは?

 自宅で手軽に始められる起業として人気なのは、自宅開業型の教室です。英語などの語学力がなくても、教育プログラムに沿って誰でも行えるシステムがありますので、教育ノウハウを心配する必要はありません。ただし初期投資の必要と、成績という形が見えなければ生徒数の確保が難しいという現実もあります。起業に興味を持っている女性なら、一度考えてみる価値はあるかもしれません。

4.女性限定タクシードライバーとは?

 今までタクシードライバーの仕事は女性にとって危険というイメージもありましたが、最近では女性限定タクシードライバーの職業が少しずつ増えています。その理由には、タクシー業界が昼間のみの勤務形態を作るなどの努力の成果もありますが、「子どもの教室や習いごとへの送迎には女性が安心」「深夜に一人でタクシーに乗るのは不安(若い女性)」という利用者側の声に押されてスタートした形でもあります。

 一つの試みとして始まったサービスは想像以上に好評で「病院まで高齢者を送迎するサービス」や「妊婦さんに対応したタクシー車両」なども登場しています。女性ドライバー限定の形となっていますので、タクシー業界では更に女性の人材を増やしたいという動きがあります。男性社員と変わらない給与形態が魅力ですので、運転が好きな女性にはおすすめです。

 上記で紹介した職業以外でも多くの企業が女性の人材を必要としています。「働きたいけれど・・」とブランクを気にしている時間は勿体無いのかもしれません。 
 でもまだ一歩を踏み出すのが不安と感じる女性には、無料でプロのサポートを受けられる機関を次章でご紹介したいと思います。 

仕事探しのプロがあなたのパートナーになってくれる!

  1. 1.マザーズハローワーク
  2. 2.女性就職支援センター
  3. 3.女性応援就職サイト

※国、自治体、民間企業と運営機関はバラバラですが、上記で挙げたどの機関でも無料で女性の就職をサポートしています。

 マザーズハローワークは、厚生省の管轄で全国180箇所に設けられています。主に子育て中の女性の就職をサポートしていて、保育所などの情報提供や、地方企業の協力も得て仕事と子育ての両立がしやすい求人の紹介も行っています。相談所には、キッズコーナーもありますので子どもを連れていても気軽に相談できます。
 
女性就職支援センターは各都道府県の自治体などが運営しているので、都道府県によって少し名前が違っているかもしれませんが、サポート内容はそんなに変わりません。センターに行き個別の就職相談をすることで、更に細かく就職支援セミナーや能力開発、キャリアカウンセリングなど細かく行ってから個別に求人を紹介してくれます。センターによっては年代別にブースを振り分けているケースもあります。

女性応援就職サイトは民間企業が運営しています。民間企業なのにどうして無料?と不思議に思うかもしれませんが、採用が決定すると求人を出す企業側が広告費として費用を負担するというシステムになっています。

 就職サイトを利用する最大のメリットは、時間に捉われず自宅で手軽に多くのサービスを受けることが出来る点です。就職サイトに一度登録しておけば、待っているだけで企業からのオファーが来るサービスもありますし、求人の新着情報も届きます。大手のサイトなら登録すると同時に転職エージェントも利用できるシステムもあるので、無料で受けられるサービス内容の幅は更に広がります。

 忙しい女性が一人で求人情報を収集するのは、実は大変な作業です。市場での自分の価値を自分で狭めているケースも多くあり、プロの目からみれば「もっと良い求人があるのに」と残念に思うこともあるそうです。
 仕事選びは今後の人生に大きな影響が出てくることもありますので、焦らず慎重にプロの力を借りて仕事を探すのも良い方法だということを覚えておいてください。

スポンサードリンク