プチ断食の方法は1つじゃない!簡単な方法を3つご紹介

 af9960008859
 レストランやファストフード、コンビニエンスストアなどで、気軽に食べ物が手に入る現代は、どうしても必要以上にカロリーを摂取してしまいがちです。食べ過ぎは肥満につながるだけでなく、実は内臓に大きな負担を強いています。そこでおすすめな健康法が、「プチ断食」です。
 
 一時的に食べるものをストップすることで、内臓を休ませ、老廃物の排出を促しながら、体脂肪を燃焼させやすくするという、一石三鳥のメリットがあります。とはいえ、「プチ断食」だからといって、食べ物を一切口にできないわけではありません。
 
 また断食をすることは身体に負担を掛けますので正しい方法で行う必要があります。何の知識も持たずに「プチ断食」に臨むのは、健康を害する可能性があるので、良くありませんので、自宅で簡単にできる「プチ断食」の方法を、紹介したいと思います。

1.週末に行う「プチ断食」の方法

  
 週末を使って行う「プチ断食」は、3日間必要です。金・土・日など、3日連続で取り組めるときに、チャレンジしてください。 

  1. 1日目を準備期間としています。
  2. 2日目から、本格的な「プチ断食」が始まります。
  3. 3日目は、回復期間になります。

 初日の昼食は、胃に負担のかからないうどんや和食など、消化のよいメニューを選択します。このとき、腹八分目を意識してください。そして夕食は、おじややスープといった、軽いものにとどめてください。量は普段の半分以下に、そして眠る3時間以上前に済ませるのがポイントです。そして、いつもより多く水分を摂るように心がけましょう。ただし、お酒類はNGです。
 
 2日目はできるだけ、朝・昼・夜を水飲みで過ごすようにがんばってみてください。水は意識して、多めに飲みましょう。どうしても辛い場合は、野菜ジュースを飲むようにします。その場合、市販のジュースは糖分が多いので、できれば自分でジューサーでつくるようにしましょう。
 ジューサーで作るのが難しい時は、野菜ジュースを水で薄めて飲みましょう。美味しくはありませんが、あくまでも断食中であることを忘れてはいけません。本断食中は、激しい運動は避けた方が無難です。散歩や読書など、静かに自分のペースでできることをして過ごしてください。
 
 3日目の朝食は3分粥からスタートし、昼食は5分粥、夕食は普通食に戻してOKです。回復期間の食事は、食べ過ぎないのがポイントです。そのため、ゆっくりよく噛んで食べることを意識してください。ですが、揚げ物や焼肉と言った重めのメニューは避けるようにしましょう。

 

2.午前中を使った「プチ断食」の方法

  
gf2160285799
 前日が会食などで食べすぎだった場合、翌日の午前中を使った「プチ断食」をすることをおすすめします。これは、食べ過ぎた食事から18時間は、水だけで過ごすという方法です。その後も一日は軽めな食事を摂り、翌日から普通食に戻します。
  仕事や友人とのつきあいで、どうしてもカロリー摂取をコントロールしにくいことがあります。そんなときも、時間をおかずにリセットすれば、内臓にも皮下にも脂肪がつきにくくなります。ぜひ、実践してみてくださいね。

3.夜を使った「プチ断食」の方法

 
 これは、健康にもとても良い方法なのですが、夕食は20時までに済ませ、その後は水やノンカロリーのお茶以外、何も口にしないという方法です。夜の食事が遅くなり、眠る時間まで間がないと、どうしても太りやすくなってしまいます。これは人間の身体は夜になると副交感神経が優位になり、栄養を貯めこみやすくなるのに、エネルギー消費が少なくなるからです。また22時を過ぎると、人間の身体は「ビーマルワン」という、脂肪をつくり貯め込む酵素が急増します。
 
 この時間帯にカロリーの高いものを摂取するのは、太りやすい身体をつくることに直結するのです。夜を使った「プチ断食」は、慣れるまで空腹感を感じて、眠りにくいことがあるかもしれません。ですが、毎日続ければ、身体が適応して、慣れてきます。リバウンドなしでダイエットやシェイプアップをしたいなら、おすすめの方法です。

断食を成功させるために

 

af9960013900
 こうした2~3日の「プチ断食」であれば、自宅で簡単に行えます。ですが、1週間以上にわたる断食は、専門の施設で行わないと、命に関わるリスクを抱えることになります。また、断食中だけでなく、減食を始めたときから、お酒やたばこ、コーヒーなどのカフェイン飲料、甘味類、嗜好品は避けるのが原則です。
 
 「プチ断食」をすると、味覚や嗅覚、視覚が研ぎ澄まされますので、薄味でも十分おいしく感じられます。それを機に、普通食に戻すときにも薄味を心がけ、塩分や糖分の摂取量を減らしていくのもよいでしょう。また、本断食で使うジュースの代わりに、ドラッグストアなどでファスティングジュースを購入して使うのもおすすめです。ぜひ、試してみてください。

スポンサードリンク