使い方次第で家計の助けになる!主婦におすすめのクレジットカード活用術

b-loga019
 家計管理をするのなら、極力借金はしない方がよいものです。クレジットカードも借金の一種ですから、使用を習慣化することはおすすめできません。

 ですが、家計を預かる主婦が計画的にクレジットカードを使用することで、節約につながるものが増えています。

 地域や生活に関わるクレジットカードを使いポイントを貯めて買い物に活用するなど、さまざまな活用方法があります。

 そこで今回は、主婦におすすめのクレジットカードについて、お話ししたいと思います。

1.ショッピング系クレジットカード

 まず、主婦の方におすすめなのがショッピングセンターなどが発行しているクレジットカードです。「セゾンカード インターナショナル」「セブンカード・プラス」「イオンカード」「ウォルマートカード」「セブンカード」などが、ここに含まれます。

 カードによって使用できるお店は異なりますが、生活密着型で即日発行できるものが多いのが特徴です。発行しているショッピングセンターなどで申し込みをする場合、即日ポイントがついたり、買い物で貯めたポイントで商品購入ができるなど使い勝手が良いクレジットカードといえます。

 ポイント2倍デー、3倍デーに必要な日用品をカード購入することで、節約につなげることができます。自分がよく買い物をするショッピングセンターが決まっているのであれば、一枚くらい持っておくことをおすすめします。

2.インターネット系クレジットカード

b-loga021
 最近は働く主婦も増えており、日用品はネット購入し休日に受け取るという家庭も増えてきました。家計運営の中で、ネット購入が多いのであればインターネット系のクレジットカードを活用することをおすすめします。

 「Yahoo! JAPAN JCBカード」「オリコカード ザ ポイントプラス」「楽天カード」などが、ここに含まれます。

 インターネットを活用し、欲しいものが簡単に安く買えるだけでなくポイントも効率よく貯まります。また、キャンペーンを活用することでポイントの付与率があがるので、上手に活用すればより安く欲しいものを手に入れることができます。

 TポイントやPontaと連動しているので、カード利用しなくてもポイントが貯められるのもメリットです。ネット購入が多い人にピッタリです。

3.百貨店系クレジットカード

 勤務先や住んでいる場所の関係で百貨店の利用が多い主婦の方におすすめなのが、百貨店系のクレジットカードです。「東急カード」「マルイのエポスカード」「セゾンパルコ(PARCO)」などが、ここに含まれます。

 百貨店系のクレジットカード最大のメリットと言えば、そのお店での優待割引を定期的に受けられることです。百貨店は高額商品も多く取り扱っているので、優待割引を上手に使えばより安く購入することができます。

 お中元やお歳暮などは、やはり百貨店から送られる方がステイタスが高いものですので上手に活用しましょう。

4.その他のクレジットカード活用術

 クレジットカードは、買い物だけが使い道ではありません。公共料金の支払いをクレジットカードにすることで、明細一つで家計管理ができるというメリットもあります。

 また、公共料金であってもポイントは貯まるので、それを別な買い物に活用することもできます。上手に活用して節約につなげましょう。

5.クレジットカードの審査について

b-loga020
 仕事をしている主婦の方なら、クレジットカードの審査の申し込みは簡単です。ですが、専業主婦の場合、審査が通るかどうかを心配される方も少なくないでしょう。

 専業主婦であってもご主人に安定した収入がある場合は、世帯家族の収入で審査してもらえるので、クレジットカードを持つことは可能です。

 ただし、世帯収入における1/3と決められているので、ご主人名義のクレジットカードがすでにある場合、希望の限度額にはならないかもしれません。

 とはいえ、専業主婦が個人でクレジットカードを持つより、ご主人名義の家族カードを持つ方が審査が通りやすく、管理も簡単です。また、車の運転をするのであればクレジットカードを持っていると、簡単にETCカードをつくることもできます。

 まず、申し込みをしてみてはいかがでしょう。

上手に活用すれば、家計の強い味方に!

 健全な家計運営のためには、借金がないにこしたことはありません。とはいえ、住宅ローンやクレジットカードは活用しないと、生活がしにくい世の中でもあります。

 クレジットカードはお金を使ったと感じにくいのは事実ですので、月の使用額を自分なりに決め、その範囲でやりくりできるように常に意識しましょう。

 ポイントなどを上手に活用すれば、家計の節約につながります。自分の買い物の仕方や利用する店などを下調べし、最適なクレジットカードを探すことから始めてみましょう。

 そして、クレジットカードと現金を上手に使い分け、余剰分を貯金に回すようにしてください。

スポンサードリンク