夏のダメージは髪にも!夏に傷めた髪をツヤツヤにする5つのケア方法

b-log0011
 夏になると紫外線が気になり、しっかり肌の日焼けやシミ対策、アフターケアをする女性は多いと思います。しかし、忘れがちなのが紫外線のダメージを受けた髪の毛のケアです。

 髪は肌よりも焼けやすく、ダメージを受けやすいのです。紫外線を浴びてキューティクルがはがれ、パサパサになったまま放っておくと、空気が乾燥する冬がくると枝毛や切れ毛、パサつきなどでどうやってもまとまらない髪に!

 手遅れにならないうちにしっかりとケアをして、秋冬にはツヤツヤで天使の輪が光っている・・・そんなツヤのある髪の毛を目指しましょう!

1.海水は髪を危険にさらす!すぐに洗い流すことで解決

 夏といえば海!天気のいい日に気の合う仲間達と海に行くと、ついつい楽しくなって海にもぐったりしますよね。

 実は海水は髪にとって大敵!海水には塩分のほかにたくさんの不純物が混ざっていて、それが髪についたまま長時間放置しておくと、髪の水分やたんぱく質が押し出されてしまいます。その状態でさらに紫外線を浴びると、普段の何倍もダメージを受けてしまうことになります。

 プールにしても同じこと。プールの水には塩素が混ざっているので、海に入るのと同じくらいのダメージを受けます。海に入ってもプールに入っても、その後の髪の毛のケアを怠るとどんどん変色して赤茶色のパサパサの髪になってしまいます。

 対策としては、濡れた髪をできるだけ早めに水で洗い流し、しっかりシャンプーで洗ってトリートメントをすることです。もちろんできるだけ髪を濡らさないことが大前提。海やプールに入る時は、長い髪はおだんごにまとめたりして、濡れることを防ぎましょう。

2.オイルマッサージで髪にハリを

b-log003
 髪の毛が日焼けするということは、当然ながら頭皮も日焼けしています。帽子でカバーしていても、まったく髪の毛に紫外線が当たらないということはありません。

 頭皮が赤くなったり炎症を起こしていなければ、オイルマッサージでケアするのが効果的。シャンプーの前に蒸しタオルで頭全体を温めます。こうすることで頭皮の毛穴が開き、オイルが浸透しやすくなります。

 蒸しタオルが冷めてきたら、ゴシゴシこすらずにやさしく頭皮をマッサージしていきます。マッサージ後はぬるめのシャワーでしっかり洗い流し、その後シャンプー、トリートメントをします。ポイントはシャンプーでなるべく頭皮をこすらないこと。

 オイルによって頭皮の汚れは落ちているので、シャンプーは髪の汚れを落とす程度に軽めでOKです。頭皮がオイルを吸収し、髪の毛の1本1本にハリを与えてふんわりするのが実感できます。

3.トリートメントはW使いが効果的

 なんといっても傷んだ髪にはトリートメントが効果的!トリートメントにはいろいろな種類があって、ドラッグストアで選ぶ時にも迷ってしまいますよね。

 おすすめは、洗い流すタイプのトリートメントをした後、洗い流さないタイプのトリートメントをつけて乾かすWケア!

 まずはシャンプーできれいに汚れを洗い流し、その後トリートメントをまんべんなく髪につけて蒸しタオルでくるみます。そのまま湯船に浸かって数分おいてから洗い流すと、よりツヤツヤの髪になります。

 最後にタオルドライをしたあと、洗い流さないトリートメントをつけて乾かせば、髪のキューティクルも逃さず効果倍増です。

4.忘れてはいけないしっかりドライ

b-log002
 ドライヤーの熱は髪を傷める原因!と思っている方もいるかもしれません。しかし濡れた髪を放置して、乾ききる前に寝てしまうのは、髪を傷める一番の原因なのです。

 髪が乾く前はたんぱく質などの栄養素が流れている状態で、寝ている間にまくらの摩擦でかなり傷んでしまいます。髪は熱を当てるほどツヤが出てくるので、トリートメントやアミノ酸配合のオイルなどをなじませてから、しっかりとドライヤーで乾かしてから就寝しましょう。

5.食材からも髪の毛のケアを

 髪の毛が日に焼けると、キューティクルが剥がれてたんぱく質などの髪の栄養素が大量に流れてしまい、結果ツヤのないパサパサな髪の毛になってしまいます。

 失ったたんぱく質は食品から摂取することも可能です。大豆・豆乳・牛乳・青魚などのたんぱく質を多く含む食品を積極的に摂り入れ、体の中からケアをすると、傷んだ髪にも体の内部にも栄養が行きわたり一石二鳥です。

まとめ

 髪の毛を傷めないためには、長時間紫外線を浴びるのを避けたり、海水やプールで髪を濡らさないようにするのが一番。紫外線の強い夏の間は、できるだけ日に当たる部分が少なくなるように髪をまとめたり、帽子や日傘で紫外線をカットするようにしましょう。

 しかし、アウトドアを楽しむシーズンにまったく髪の毛を日に当てないということは難しいですね。

 傷んでしまった髪は、すぐに対処をすればキューティクルを取り戻すことができます。何もせずに放っておくとまとまらない髪になって、切るしかなくなってしまいます。

 冬になった時にツヤツヤな髪でいられるかどうかは、今きちんとケアするかどうかにかかっています。

スポンサードリンク