今から実践できる!海外のオシャレな女性のファッションから学べる6つのこと

world_fa
 海外の女性のファッションに憧れる日本人女性は多いはず。でも、憧れているだけでは、そうしたオシャレな感覚を手に入れることはできません。海外のオシャレな女性のファッションから学べること、それをしっかりと押さえておきましょう。

 ここに、海外の女性のファッションから学びたい点を幾つか紹介します。具体的なものと、意識的なことなどを織り交ぜ紹介しますので、それらを自分のファッションにも少しずつでいいですから取り入れてみましょう。

1.ビビッドなカラーを怖がらない

2014020410035763e
 ビビッドなカラー、怖がっていませんか?日本人女性の多くは、恐らくこうしたカラーは自分には似合わないと思っているのでしょう。しかし、それはやってみなければわかりません。日本人でもそうしたカラーが似合う人はいますし、そこから新しいファッションの魅力を引き出せることだってあるのです。

 特に赤。真っ赤と呼べるほどの赤い色は確かに取り入れるのが難しいカラーです。最初はパンプスなど小さな面積でもいいでしょう。ベルト、帽子などでもOK。そこから徐々にジャケットやパンツなどにも真っ赤なカラーを取り入れていくと、海外の女性のようなインパクトを残したファッションをすることができます。

 海外の女性がそうしたビビッドな色を取り入れても嫌味にならないのは、他のアイテムとの色使いが上手いから。白などの淡いカラーと合わせ、どぎつくならないような工夫をすれば、日本人女性でも十分にバランスを取ることができるでしょう。

2.積極的に露出してみよう

 海外の女性はとにかく露出が多い。これも学ぶべきところです。胸のしっかりと開いたシャツ、脚が太ももから出るようなホットパンツ、腕も肩のあたりから出るようなキャミソールやタンクトップ、こうしたアイテムを積極的に取り入れることで、女性としての磨きもかかります。

 特に日本人女性が苦手とするのが、胸元の露出。胸が大きいとか小さいとかは関係がありません。カッコイイと誰もが思う海外の女性は、例え胸が小さくても、それをさほど隠すことなく胸元の開いたシャツを着ます。

 そうした大胆さも、もしかしたら女性を格好良く、美しく見せるひとつのコツなのかもしれません。

3.シースルー素材を上手く取り入れる

Chloe-Moretz2_140609画像出典:CELEB SNAP
 胸元や腕、脚を見せるのにはやっぱり抵抗がある、そんな女性はシースルー素材のアイテムを取り入れてみましょう。これも海外の女性がよく行っている手法で、オシャレ、且つ妖艶さを醸し出せるアイテムとして人気となっています。

 薄い生地で、それを着ると肌が透けて見えるようなアイテムももちろん取り入れてみたいところですが、レース状のアイテムも使い勝手がいいでしょう。たいした露出をしていないのに、大人の雰囲気が出せるのがこうしたアイテムの大きな魅力。

 もちろん既に露出度の高い洋服の上にこうした透け感のあるアイテムを纏うのもありです。こういったところから徐々に露出への抵抗感をなくしていけば、次第に海外のオシャレな女性のファッションに近づいていけるのではないでしょうか。

4.ブランドにはこだわらない

 日本の女性は世界でも相当なブランド好きだそうです。海外にもブランドが好きな女性はいますが、日本と海外の違いは、それへのこだわりの強さにあると言えるでしょう。日本の女性はとにかくこだわり過ぎで、それを持っていればオシャレだと思ってしまう感覚があるのです。

 海外の女性はそうではありません。好きなブランドなどはあっても、それはファッションの一部であり主役ではない、そういった考え方をしている人が多い傾向があります。この感覚は是非日本人女性にも見習ってもらいたい部分ですね。

 また、海外の女性は、好きなブランドであっても気に入ったアイテムが無ければファッションには取り入れません。逆に、無名ブランドであっても、それが心をくすぐるアイテムであれば積極的に取り入れます。こうした意識も学ぶべきところなのでしょう。

5.自分のことを熟知すること

 そもそもファッションとは何か、それは自分に合ったアイテムを身に纏うこと。海外の女性はそれをよくわかっており、日本の女性はまだあまりわかっていないようです。自分の体型、顔、肌の色、髪型、化粧の特徴、こうしたものをもう一度おさらいしてみましょう。

 海外の女性が格好良くオシャレに見えるのは、自分のことをよく知っており、それに合ったファッションを取り入れているからなのです。ですから、海外の女性のファッションの具体的なアイテムや着こなしを学ぶことも必要ですが、その前に自分のことを熟知した上で取り入れることを意識しなければなりません。

6.流行には流されない

Amanda-Seyfried1_130711画像出典:CELEB SNAP
 どこの世界にも流行はありますが、それをそのまま取り入れると、オリジナリティは出せず、オシャレにはなれないでしょう。海外の女性はそれがわかっていますし、我が強いこともあるのかもしれませんが、とにかく流行には流されていません。

 これは流行のアイテムを取り入れないということとは異なります。そうしたものは常にチェックし取り入れるのですが、ブランドものと同じで、やはりファッションのごく一部の要素に過ぎない取り入れ方をしているのです。そうした姿勢を是非、学ぶようにしてください。

まとめ

 海外の女性と日本の女性では価値観がそもそも異なります。そして体型や顔の造りなども異なります。ですから、真似できることとできないことがあるかもしれませんが、大事なのは、勇気を持つことです。勇気を持って取り入れてみる、それがファッション力を向上させるための第一歩と心得ておきましょう。

 失敗しても構いません。その勇気ある第一歩から徐々に自分のファッションを確立していけばそれでOK。海外のオシャレな女性がしているのはまさにそうした努力なのです。

スポンサードリンク