「塩レモン」が大ブーム!レモンが美容とダイエットの強い味方

sioremon
 2014年は、「塩レモン」が一大ブームを巻き起こしました。
 
 レモンは確かに、身体には良さそうです。そして、美容にもダイエットにも強い味方になると言われています。今回は、レモンが美容とダイエットの強い味方になると言われる理由について、ご紹介したいと思います。

1.レモンの栄養素と効果について考えてみよう!

 レモンには、さまざまな栄養素が含まれており、その効果もいろいろです。そこで、レモンの栄養素別に効果を見ていきましょう。
 
 ●ビタミンC
  コラーゲンの合成に深く関与するため、美肌効果が高い。のどの痛みも軽減してくれる。

 ●ポリフェノール
  抗酸化成分なので、アンチエイジングに効果的とされる。

 ●クエン酸
  強い酸味を伴うが、新陳代謝をアップしてくれるので、ダイエットいも冷え症の改善にも効果があるとされる。血液の状か作用もあるので、動脈硬化や高血圧を防いだり、腎臓機能の改善にも役立つ。カルシウムなどのミネラルの吸収を促進してくれる。

 ●リモネン
  リラクゼーション効果をもたらしてくれる。

 ●ペクチン
  食物繊維の一種で、腸の蠕動運動を促進する。腸内に乳酸菌を増殖させ、腸内環境を整える。血糖値やコレステロール値の低下にも効果がある。

 ●カリウム
  体内の余分な塩分や老廃物を排出してくれる。

 ●リミノイド
  体内の細胞をダメージから防いだり、がん細胞の生成を防ぐ働きも担う。

2.塩レモンの効果とは?

 まず、塩レモンの美容的な効果から考えてみましょう。

  1. 塩レモンを食べることでビタミンCが摂取でき、メラニン色素の生成を抑えてくれる。
  2. ニキビの炎症を鎮める働きもあるので、美肌づくりにピッタリ!
  3. レモンの皮には、アレルギー物質の一つであえうヒスタミンを抑える効果がある。

 ダイエットの観点からみると、どんな効果があるのでしょうか。

  1. ビタミンCの働きにより、血流が良くなり、脂肪燃焼しやすくなる。
  2. 腸内に善玉菌の乳酸菌が増えるので、便秘解消にも役立つ。
  3. 塩とレモンの酸味が唾液の分泌量をアップさせ、消化を促進してくれる。
  4. 塩レモンは塩味が強く感じられることもあり、食事の塩分量を減らせる。この結果、むくみも解消できる。
  5. リモネンという香り成分が、食べ過ぎを防いでくれる。

 このほかにも、身体によい効果がいろいろあります。

  1. 香り成分リモネンをかいだり、レモン果汁を飲むことで、体内時計がしっかりリセットされる。
  2. 腎臓の働きを良くするので、余分な水分や老廃物、毒素を排出するデトックス効果もある。
  3. 血圧の低下や肥満を促すホルモンを抑制してくれる。
  4. 牛乳やヨーグルトと一緒に食べると、カルシウムの吸収を高めてくれる。
  5. リモネンがリラクゼーション効果をもたらしてくれる。

 
 このように、塩レモンは美容にもダイエットにも健康促進にも、とても良いことがわかります。
 次章では、どのように生活に取り入れるべきかをご紹介しましょう。

3.塩レモンの活用術

 塩レモンは、北アフリカのモロッコでは調味料としておなじみなもので、時間の経過に従って、味もまるみを帯びてきます。果皮を刻んで塩として使ったり、つけ汁は塩気のある酢として使うなど、調理の活用方法もいろいろです。そこで、食材別の活用例をいくつか紹介しておきたいと思います。

 ●野菜
 生野菜に使うなら、つけ汁と刻んだ果皮、オリーブオイルを合わせて、ドレッシングにすると、酸味があってとても食べやすいです。

 ●肉・魚
 蒸し料理から煮込み料理、肉のグリル、魚のホイル焼きなど、いろいろな場面で活躍します。
 つけ汁だけでも、可否を細切りにして添えてもOKです。

 ●麺類
 冷静のパスタやうどん、サラダ麺などに調味料として使うと、塩気も酸味もあっておいしくしあがります。

 ●ドリンクにも活用できます!
 ミネラルウォーターに塩レモンを入れたり、塩レモンのつけ汁にはちみつを加えてお湯を注いでも、フレーバーウォーターとして活用できます。
 炭酸水で割って飲むのも、おいしいですよ。

 ●お酒にも合う!
 ビールに加えればメキシカンスタイルに、焼酎と炭酸で割ればサワーにと、簡単においしさをアップできます!

作り方 – 簡単に作れる塩レモン!

sioremon2
 人気の塩レモンは、レモンを皮ごと塩漬けにするだけと、簡単につくれます。
 
 インターネット上でも、いろいろなレシピが公開されていますが、無農薬あるいは低農薬のレモンをよく洗い、水気を拭いて両端を切り、くし切りでも輪切りでも、殺菌した保存瓶に入れやすい大きさに切ります。切ったレモンを保存瓶に入れたら、塩を加えてふたをし、約1カ月、冷暗所に置きます。
 
 1日に一度は瓶をさかさまにしたり、上下に振って、レモンから出た水分を全体に回し、塩を溶かすのがポイントです。長く置くと味がなじみ、酸味もまろやかになります。

 これなら、料理が苦手でも、お金をかけずにチャレンジできそうですよね!上手に料理と合わせて摂取して、美肌にもダイエットにも効果を発揮してもらいましょう!

スポンサードリンク