結婚式は一大イベント!【結婚式に呼びたくない人・呼びたい人】

af0060000654l
 結婚式は一大イベントです。これの成否が、もしかしたらその後の夫婦のあり方を変えるかもしれません。それほど重要な催しものなのですが、この結婚式が成功するか否かは夫婦やウェディングプランナー、会場となるホテルなどだけではなく、招待客にもかかっています。

 つまり、呼ぶ人を間違えると結婚式そのものが台無しになることだってあるのです。そうならないよう、呼んだ方がいい人と同時に、あまり呼ばない方がいい人をしっかりと選別しておくことが大切。会場選びやプランのセレクトも重要ですが、招待客を選ぶ作業も時間をかけて行うようにしてください。

【呼びたい人】仲が良い友人・同僚

 仲が良い友人や同僚、これは是非呼びたい人たちですよね。仲が良いということは、お互いの性格などもよくわかっているはず。結婚式や披露宴の会場で粗相をするなんてことは恐らくないでしょうし、むしろ良い雰囲気を醸し出す名脇役にもなってくれるでしょう。

 何よりも自分の晴れの舞台を見てもらう、そんな喜びを得ることもできますし、招待された友人や同僚も心から祝福してくれるはずです。人によって仲の良い友人がどれだけいるかは変わってくるでしょうが、できるだけたくさん呼ぶことで会場の雰囲気がよくなることは間違いありません。

 そういった友人たちは二次会や三次会をする上でも非常に有能なはずですから、結婚式にはなるべく招待するようにしましょう。

【呼びたい人】空気が読める人

 友人や同僚に限らず、例えばちょっとした知り合いや友人の友人であっても、空気が読める人であれば呼びたい人となるはずです。結婚式は予定通りに進むとは限りません。お酒も振る舞われますし、トラブルに見舞われることだって珍しくはないでしょう。空気が読める人はそんな時に力を発揮するもの。臨機応変に対応し、場を繋いでくれるかもしれません。

 特に仲間内で行うような結婚式の場合には重宝するはず。大きな会場で行う立派な結婚披露宴だったとしても、空気が読める人は、敢えて目立ちすぎないという行動もとれますから、落ち着いた結婚式や披露宴にするにはうってつけの存在となるのです。もし招待客の選別で悩んだ時には、この要素を一番に考えてもいいのかもしれません。

【呼びたくない人】お酒で人が変わる人

af0100020890
 さて、ここからは結婚式に呼びたくない人の特徴です。なんと言っても酒癖に問題がある人、これは避けておくべきでしょう。お酒が入ると我を忘れて周りの人に絡みまくる、質が悪いですよね。

 結婚披露宴は上司や親族なども訪れるケースがほとんど。そんなところで新郎新婦の友人が酒を飲み過ぎて暴れ出したら、それが一瞬の出来事であっても、その結婚披露宴は失敗だったと見なされてしまうでしょう。

 どんなに仲が良い人でもお酒を飲んで人が変わってしまうような人は、二次会や三次会からの参加をお願いした方が無難なのかもしれません。もし付き合いがまだ浅い人で、そういった酒癖について不明なのであれば、友人等を伝って事前に情報を集めておく、あるいは結婚式前に一度飲みに行ってチェックしておく作業も必要となるでしょう。

【呼びたくない人】非常識でマナー知らず

 お酒を飲む飲まないにかかわらず、非常識でマナー知らずの人も、結婚式に呼びたくない人リストの中に含まれてしまいます。ちょっとしたテーブルマナーに対する知識不足程度であれば、そこまで抵抗を感じることはないでしょう。

 それよりも、食べるのが極端に汚かったり、新郎新婦を差し置いてド派手な格好で登場しそうな人だったり、声が大きくと空気を読まない発言が多かったり、年配者にもタメ口をきくような人だったり、そんな人は呼ばないに限ります。こういった人がもし結婚式会場で何かやらかすと、新郎新婦も変な目で見られてしまうでしょう。

 さすがにそこまではないと思いますが、例えば新郎の友人が非常識でマナー知らずなのを目の当たりにした新婦の親族が結婚そのものに反対する、そんな事態にもなりかねません。いずれにしても恥をかくことは確か。付き合いが長くても、大事なイベントには呼ばない方がいいのです。

【呼びたくない人】昔付き合っていた人

af0060000737
 これは呼びたくない人というよりも、呼べない人に分類されると思いますが、昔お付き合いをしていた人も避けた方がいいでしょう。お付き合いを解消した後も友人として関わっているかもしれません。あるいは、自分はこんな素敵な人と結婚したんだと見せつけたくて呼ぶことを検討する人もいるかもしれません。

 でもこれはとても危険。仮にそういった人が会場にいると周囲に知れたら、それだけで会場が変な空気に包まれることだって考えられます。親族がそれを知ればなおさら雰囲気は悪くなるでしょう。いろいろな事情があるのかもしれませんが、以前恋人関係にあった人は、どんなことがあっても呼ばない、これは守った方がいいのではないでしょうか。

【呼びたくない人】異性に目がない人

 友人や知人の中にはいろいろな人がいると思いますが、もし異性に対して非常に積極的な行動を取る軽いノリの人がいたら、その人は結婚式の招待客向きではありません。結婚式会場には同年代を中心とした男女がたくさん招待されます。

 しかも普段着ではなくある程度着飾ってきますから、格好良く見えたりキレイに見えたりするもの。異性に目がない人がその中に放たれれば、当然目を輝かせて物色に走るでしょう。余興やスピーチが行われる中ナンパでも始められたらたまったものではありませんよね。

 「あの新婦にはこんな友達がいるんだ」なんて思われたら、やはり印象は悪くなってしまいます。そういった事態を避けるためにも、異性大好きな友人知人は避けるようにしましょう。

まとめ

 以上が、結婚式で呼びたくない人・呼びたい人たち。要は、周囲に良い影響を与えることができるかどうか、で判断するのが懸命だと思います。仲が良い悪い、付き合いが長い短いだけで判断するのはあまり賢くない選び方。

 それさえ覚えておけば、一生の思い出に残る素晴らしい結婚式を挙げることができるでしょう。

スポンサードリンク