女性の転職を成功させるための10のポイント

20140820_070242 【自己紹介】20代は建設会社の経理事務を務め、結婚により一時期仕事から遠ざかりました。子供の小学校入学とともに仕事復帰を目指しましたが、女性が仕事復帰する厳しさを痛感させられました。販売職や保険外交員など転職を3回経験して、現在は整骨院の受付事務の仕事に従事する41歳の主婦です。仕事探しをする女性のサポートになればと、転職に関する記事を作成しています。

成功する女性の転職のための10のチェックポイント

 転職を考えている女性は沢山いると思いますが、女性の転職は男性の転職に比べると結婚、出産、育児などがあるため、とても難しくなっています。ここでは転職を考える女性のために転職を成功させるためのアドバイスと、これだけは省くことのできない転職必勝ポイントをまとめてみました。

1.「5年先」どんな自分になっていたいか?!考える
 “こういう仕事をしていて、このくらいの年収で、こういうところで働いていたい・・・”という強いイメージがなければ、行き当りばったりの仕事探しを繰り返す可能性は高くなります。

 具体的なイメージ作りの方法としておすすめなのは、憧れの職業に就いている憧れの女性をリサーチして、その女性が自分の今の年齢のときには、どこでどういう内容の仕事をしていたのか?どういう資格・スキルを持っていたのか?つきとめましょう。

 まだ追いつきそうですか?じゃ頑張りましょう!  

2.「どうしても妥協できない」転職先のこだわりポイントを3つに絞る
 転職先を決めるにあたって、どうしても妥協できない点を3つに絞りましょう。そうすればぐっと応募先企業を検索しやすくなりますよ。

 「なぜ働く必要があるのでしょうか?生活費のため?それともお金以外の要素も関係しているのでしょうか?」この質問に対する答えは人それぞれでしょう。今の職場には無い要素や、これから出会う会社に期待していることなども一緒に考えると、自分の心の奥深くの希望も見えてきますよ。 

3.「年収アップ」だけを目的にしない
 20代~30代女性の「転職したい理由」のトップは「年収アップ」です。今の職場の給与が低いことが不満な女性は多いのでしょう。しかし年収アップを最優先にして転職先を探すとうまくいかない可能性がぐっと高くなります。

 また求人票に書かれた給与額はおおよその額面であり、入社してから変わる可能性もあります。そのことも十分念頭において、応募企業を選ぶようにしましょう。

4.求人媒体は最低でも3か所以上!
 転職先に対するこだわりポイントを3つに絞ったら、次はアタックする会社を見つけなければいけませんが、求人媒体に好き嫌いがあると損です。

 ハローワークと、転職エージェントと、求人サイトなどは可能な限り、多くの媒体に登録しましょう。新聞も全国紙と、志望する業界があれば業界誌に隅から隅まで目を通し、面白そうな会社があればその会社の自社サイトにアクセスし、人を募集していないかどうか?定期的にチェックしましょう。

 利用できる求人媒体は思っている以上に多くあります。面倒がらずに自分に応募できそうな求人広告をしらみつぶしに探す姿勢が大切です。

5.履歴書やレジュメは他人に添削してもらおう
 “応募書類は完璧に作成されていて当たり前”ってご存じでしたか?あなたの履歴書は、きちんとした人という印象を与える応募書類になっているでしょうか?ここでつまずいてしまうと、面接までなかなか進めない原因になってしまいます。

 完璧な応募書類を作るためには、自己分析やキャリアの棚卸しが必要な女性もいるかもしれません。自分一人の添削だけではどうしても判断が甘くなってしまいますので、転職エージェントの添削サービスを利用してみるのも良い方法です。(転職エージェントに登録すると、履歴書や経歴書の添削サービスが無料で受けられます)

6.面接用のスーツを買おう
 費用はかかりますが、面接用のスーツや靴を新調したほうが気持ちも引き締まるし、気分も不思議と盛り上がるようになります。

 20代ならスーツの色はグレーや紺が無難ですが、30代後半の女性ならベージュや茶色などの色も、硬くなり過ぎず女性らしくて好感を持たれます。インナーは白いブラウスを選びましょう。無難ということでは無く、白い色は化粧栄えがよく顔色が綺麗に見える効果があると言われているからです。

 スカートの丈は座った際のことも考えて、短すぎず膝にかかるくらいにしましょう。靴のヒールは5cmくらい、色はベージュ、紺、黒の中から、スーツとのバランスを見て選びましょう。

7.毎日最低でも1社にはエントリーしよう
 求人サイトでも今はネットで自在に求人案件が検索できる時代です。“転職活動期間の長短はひとえに応募した会社の数で決まる”と言われていますので、自分でノルマを設定し、積極的にエントリーをしましょう。

8.「大企業・正社員・事務職」にこだわらなければ転職はラク
 女性の場合、“正社員にこだわること”で転職活動期間がぐーんと伸びる傾向があります。それからどこのエリアでも事務系のお仕事は求職者が殺到しています。まだ20代~30代の女性であれば、事務系を選ばなくてもこの職種ならまかせて!と言える職種をひとつでも身につけるつもりで、スキルアップに取り組みましょう。

9.「綺麗に見える」マナーを再確認しよう
 ビジネスマナーがしっかり実践できている女性は、同性から見てもきりりとしていて美しいです。社会人としてのマナーを再確認しましょう。電話応対、言葉遣い、服装、ヘアスタイル、メイク、どれもやろうと思えば短期間で再確認&レベルアップできるものです。

 黒い髪に戻すついでに新しく買ったヘアカタログの切り抜きを持っていって、美容師に相談してみましょう。

10.自分の転職市場価値を知ろう
 自分の転職価値を知るためにはリクナビNEXTのスカウト機能を使うことをおすすめします。リクナビNEXTのスカウト機能を使うことによって企業にどれくらい自分の経験やスキルが注目されているのか、評価される経験やスキルが明確になるほか、予想外のオファーを受け、自分の可能性に気付くことができます。

女性の転職に必ず役に立つ転職サイト

・女の転職@type-女性の転職サイト
 女性の転職に関するいろんなキーワードを検索するといつも上位に出てくる老舗転職サイト。正社員を目指す女性のためのサイトで、毎週火曜日と金曜日の更新です。登録をしておくと、メールのお知らせが頻繁に届くので使いこなせば膨大な情報量が手に入ります。

 コンテンツの充実度はウェブでトップクラスなので、転職に関する素朴な疑問や不安点も解消できます。転職のための自己分析やキャリアの棚卸しなどの解説もありますので、じっくり取り組んでみることをお勧めします。

・リクナビNEXT
 大手転職サイトの代表とも言われる「リクナビNEXT」はこれから仕事を探す女性の強い味方になることは間違いありません。何故なら、女性活躍の求人と検索しただけで、随時2000件以上の求人がヒットします。豊富な求人量を誇るだけでなく、スカウト機能や転職ノウハウの提供など心強いサポートやサービスも充実しています。

・[en]ウィメンズワーク
 派遣会社経由のお仕事が多いですが、正社員を狙う女性にとっても紹介予定派遣の求人が豊富に登録されています。企業の直接求人もあります。気になる情報をまとめて「検討中フォルダ」に入れておいて一括応募も可能なので、応募する会社の数を増やしたいときは重宝するサイトでしょう。

 お仕事情報は毎日更新されているので、会員登録をしておけば、自分のエリアや希望に合った情報が毎日のように届きます。読み物や派遣ジョブに関するアンケート結果など女性に特化したコンテンツも充実しています。働く女性のアンケートですが応募する人が少なめなので、こまめに応募すると図書カードがもらえたりします。

・日経キャリアNET WOMAN
 わりとこじんまりしたサイトですが、あの日経が運営している女性に特化した転職サイトです。求人情報はもちろんのこと、コンテンツも毎日更新されているようで、「女性が働きやすい会社ランキング」のような情報も新しくて早いです。登録されている会社は、育児休暇や産休がしっかり取れる会社が多い印象。

 「転職力診断コンテンツ」ではわずか10分であなたの転職市場価値や年収偏差値がおおよそ分かるようになっているなど、ドキリとするような情報も。

女性の転職に必ず役に立つ転職エージェント

・リクルートエージェント
 応募企業を選ぶ時に「社内の雰囲気や情報をもっと知れたら選びやすいのに」と訴える女性が多くいます。「リクルートエージェント」なら、業界最大手の強みを活かして各企業の社内情報や雰囲気、採用基準など多くの情報を事前に担当コンサルタントから得ることができます。短期間で効率よく、転職を成功進めたいと考える女性にピッタリのエージェントです。

・WomanWill
 転職の相談は、同じ立場である女性に聞いてもらいたいと思うのは当然のこと。そんな願いを叶えてくれるのは、女性のコンサルタントが立ち上げた人材紹介サービス会社の「ウーマンウィル 」です。
 女性目線からのアドバイスだけで無く、今までの仕事の経験や能力、個人分析もサポートしてもらえるので、転職の強い味方になってくれること間違いなしです。 

まとめ

 転職活動は時間や精神力が必要なため、なかなか転職先が決まらない方や転職に失敗したことがある方もいるかと思います。しかし5年後、10年後に仕事やプライベートを充実させたいと考えるなら、転職活動を妥協せずにやり遂げましょう。

 転職活動では、企業や友人、転職エージェントなどとの出会いがあなたの成長にも繋がります。周りの多くの意見を参考に転職を成功させてくださいね。

 

スポンサードリンク