毛深い子供の脱毛に悩んでいる方!子供の無駄毛処理特集

af0100029010

 子供の脱毛も当たり前!の時代となってきました。ムダ毛はいじめの原因の一つになるという懸念から、プール授業や肌を見せる夏に向けて、親御さんが脱毛に連れていくパターンが多くなってきているようです。

 しかしながら、子供の脱毛に関してはまだ認知度が低い為、「幾つから出来る?」「脱毛可能部位は?」「効果はどんな感じ?」など、分からない事も沢山あります。今回は子供の脱毛について、詳しくお話していきます。

子供脱毛は何歳(いくつ)から?

 子供の脱毛は、可能なサロンであれば7歳から施術を受ける事が出来ます。小学校1年生~2年生の間ですね。「子供時代に、ムダ毛は生えるものなの?」という声もありますが、実際に筆者は小学校時代、親譲りの濃いムダ毛に悩まされていた過去があります。特に女の子は体の育成が早い時期でもありますので、7歳からムダ毛に悩まされる…という事も少なくないのです。もちろん中学生、高校生も脱毛可能です。

 

子供脱毛、施術可能部位は?

 大人と同様のパーツで施術が可能となっています。また、全身くまなく施術を施すというよりも、脚や腕、ワキなどの気になるパーツのみの施術が多いそうです。特に人気の施術部位は「鼻下」「ひじ下」「ひざ下」「ワキ」です。親子で来店される方も最近増えているのだとか。

 

子供の脱毛、効果はあるの?

 もちろん子供の脱毛であっても効果を感じる事が出来ます。毛根にダメージを与えて少しずつ生えにくくするワケですから、大人同様の効果を感じる事が出来るでしょう。ただし、成長途中で再び生えてきてしまうという事を覚えておいてください。

 

子供脱毛、回数はどれ位?

 子供の場合は施術完了しても成長途中に再び生えてくる可能性の方が高いので、ムダ毛を今より濃くしない、または薄くする為の「防止策」として脱毛を行っている方も多く、大人と同じ位の施術回数は必要ありません。

 お子様のムダ毛は大人と比べると「産毛」に近いですので、1~2回でも効果を実感する事が出来るでしょう。個人差にもよりますが、2回目で多くのお子様が効果が表れますので、その後は半年に1回、などの少ない回数でも十分効果を期待する事が出来るでしょう。

 

子供脱毛にはどれ位お金がかかる?

 高額なコースを組んでも結局生えてしまうという事を考えると、その都度脱毛が一番人気を集めていますね。サロンによっても異なりますが、「2回で2000円」「お母さんと一緒ならお子さんにSパーツ脱毛プレゼント」等の特典が多いので、キッズ脱毛を扱っているサロンさんのホームページにて事前にチェックしておくと良いかと思います。

 

子供脱毛での注意点は?

 光脱毛は「黒いもの」に反応します。その性質によって黒いムダ毛に反応し、ダメージを与え徐々に生えにくくするというもの。ですから、肌が黒いと肌にまでダメージが分散されてしまいます。

 既にまっ黒に日焼けしてしまっているお子さんは、肌の色が戻るまで施術を受ける事が出来ません。また、傷や虫刺され後がいくつもある場合、そこの部位を避けての施術となるので脱毛ムラが出来やすくなります。

 

子供脱毛が可能な脱毛サロンは?

 7歳からのキッズ脱毛も取り扱っている「エピレ」では、ママも一緒に綺麗になれる様々な特典(“キッズ脱毛”)を最近話題になっています。低価格での施術も人気の一つです。

 また、「痛くない!」と評判の脱毛サロンエピレでは、お子さんの薄い肌でも痛みを感じる事なく脱毛の施術を受ける事が出来ます。選べるパーツで全身脱毛を行う事が出来るという事もあり、エピレのキッズ脱毛に通うお子さんもとても増えてきているのだそうです。

 ちなみにキッズ脱毛は保護者の同意と同伴が無ければ受ける事が出来ませんので、施術を受けたいという方はまず、親御さんに相談してみて下さい。

 

その他、子供の脱毛方法について
 
  1. カミソリによる処理法

    メリット…市販でも販売されており、気軽に使えるという点が一番のメリットでしょう。昔と違い、安全刃がしっかりしているタイプが多いので、お子様でも安心して処理する事が出来ます。

    デメリット…お子様の肌は大人と違い柔らかい為、安全刃が付いているものでも肌の表面の角質を削り取ってしまいます。この処理を続ける事によって肌表面の角質が固くなり、水分や皮脂が蒸発しやすい乾燥肌となってしまう事がとても多いです。

  2. 毛抜きによる処理法

    メリット…ワキや眉毛などの小さな範囲には、毛抜きがとても有効です。一度毛抜きで処理するとカミソリ処理よりも長く綺麗な状態をキープする事が出来ます。

    デメリット…無理にムダ毛を引っ張る事になりますから、毛穴が傷付き炎症を起こしてしまいます。特にワキなどの部位は雑菌も繁殖しやすいので、傷付いた毛穴に雑菌が繁殖する事で化膿したり、埋没毛となってしまう事も…。炎症を起こしてしまうと色素沈着もしやすくなる為、黒ずんでしまう事も考えられます。

  3. 除毛ワックス等の薬品による処理法

    メリット…低価格で広い部分を処理できるので、ムダ毛処理の手間を省くことが出来ます。

    デメリット…薬品は肌の角質を溶かすので、乾燥肌や色素沈着、炎症等を引き起こしてしまいます。肌荒れの原因にもなってしまう事もあります。

お得な3本セット用脱毛は長期戦。適量で3ヶ月は続けましょう。

合わせて読みたい記事
スポンサードリンク